モンコンブ・スワミナサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンコンブ・サンバシバン・スワミナサンMonkombu Sambasivan Swaminathan1925年8月7日 - )は、インド農学者

タミル・ナードゥ州出身。1952年ケンブリッジ大学を修了し、遺伝学博士号を取得。帰国後、緑の革命と呼ばれる小麦品種改良に従事し、インドの食糧事情の改善に成果を収めた。この功績によりマグサイサイ賞を受賞したが、その後食料安全保障の見地から緑の革命に批判的な立場となり、持続的農法の推進者となる。

1999年には『タイム』によって「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」に選ばれた(ちなみにインド人で他に選ばれたのはマハトマ・ガンディーラビンドラナート・タゴール)。

1995年ノーベル平和賞を受賞した国際団体、パグウォッシュ会議の会長を務めた(2002年 - 2007年)。