モンガラカワハギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンガラカワハギ
モンガラカワハギ
モンガラカワハギ Balistoides conspicillum
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: フグ目 Perciformes
: モンガラカワハギ科 Balistidae
: モンガラカワハギ属 Balistoides
: モンガラカワハギ
B. conspicillum
学名
Balistoides conspicillum
(Bloch and Schneider, 1801)
和名
モンガラカワハギ
英名
Clown triggerfish

モンガラカワハギ(紋殻皮剥 Balistoides conspicillum)は、動物界脊索動物門条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科に分類される魚。

分布[編集]

インド洋、西太平洋

形態[編集]

全長30cm。体形は側偏する。全身は黒く、白く大きい円形の斑紋が入る。背面には黄色い網目状の斑紋が入る。

口の周囲は黄色やオレンジ色。第1背鰭は3本の棘条からなり、特に第1棘条が発達する。普段は第1背鰭は収納されている。

生態[編集]

熱帯亜熱帯沿岸部にある岩礁珊瑚礁等に生息する。単独もしくはペアで生活する。昼行性で、夜間は岩やサンゴの隙間で休む。危険を感じると岩やサンゴの隙間に入り、第1背鰭と胸鰭を立てて体を固定し引っ張り出されない様にする。

食性は雑食で、甲殻類貝類ウニ藻類等を食べる。

繁殖形態は卵生。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもある。入手法としては潜水による採集や釣り等がある。歯が鋭く鰭には棘があり、特に噛まれると裂傷や内出血、外出血を伴う外傷を負うこともあるため扱いには注意が必要。協調性に欠け同種他種問わず攻撃するため、基本的に単独で飼育する。餌付きはよく、人工飼料や乾燥飼料にも餌付く。

関連項目[編集]

参考文献[編集]