モリブドプテリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリブドプテリン
識別情報
CAS登録番号 73508-07-3
PubChem 459
MeSH molybdopterin
特性
化学式 C10H14N5O6PS2
モル質量 395.354 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

モリブドプテリン(Molybdopterin)は、多くの酵素で使われる補因子の一つ。モリブドプテリンはモリブデンピラノプテリンが配位した単純な構造をしている。ピラノプテリンはピランプテリン炭素-炭素結合の一つを共有した構造をしていて、ピラン環には2個のチオールとアルキルリン酸基が付加している。場合によっては、アルキルリン酸がアルキルリン酸ヌクレオチドになることがある。

キサンチンオキシダーゼDMSPレダクターゼ亜硫酸オキシダーゼ、そして硝酸レダクターゼなど、いくつかの酵素はモリブドプテリンにその酵素反応を依存している。

参考文献[編集]

  • Kisker, C.; Schindelin, H.; Baas, D.; Rétey, J.; Meckenstock, R.U.; Kroneck, P.M.H. (1999). “A structural comparison of molybdenum cofactor-containing enzymes”. FEMS Microbiol. Rev. 22: 503–521. doi:10.1111/j.1574-6976.1998.tb00384.x.  PMID: 9990727