モモアカヒメハヤブサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モモアカヒメハヤブサ
Microhierax caerulescens Museum de Genève.JPG
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: ハヤブサ科 Falconidae
: ヒメハヤブサ属 Microhierax
: モモアカヒメハヤブサ
M. caerulescens
学名
Microhierax caerulescens
Linnaeus, 1758
英名
Collared Falconet

モモアカヒメハヤブサ(腿赤姫隼、学名:Microhierax caerulescens)は、タカ目ハヤブサ科に分類される鳥。

分布[編集]

南アジアから東南アジアにかけて分布する。

形態[編集]

世界最小のハヤブサで、大きさはスズメ程度に過ぎない。

全長15-18cm、翼開長30-34cm。背面は黒色で、下面は赤褐色をしており、喉元と脚は特に色が濃い。顔は白く、目の横に黒い帯が入る。

生態[編集]

疎林、林縁などに生息する。

主に昆虫類を捕食するほか、トカゲや小型鳥類なども捕らえる。狩りは集団ですることもある。

2-5月に、ゴシキドリ類の古巣や建物の穴で繁殖する。

人間との関係[編集]

しばしばペットとして飼われる。

参考文献[編集]


執筆の途中です この項目「モモアカヒメハヤブサ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類