モミジハグマ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モミジハグマ属
Ainsliaea acerifolia var. subapoda 3.JPG
オクモミジハグマ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : タンポポ亜科 Cichorioideae
: モミジハグマ属 Ainsliaea
学名
Ainsliaea DC. [1]
和名
モミジハグマ属
  • 本文参照

モミジハグマ属(モミジハグマぞく、学名Ainsliaea、紅葉白熊属)はキク科の1つ[1]

特徴[編集]

多年草根出葉がありロゼット状になる。花茎が出ては互生するが、花軸の途中に輪生状に葉をつけ、葉柄がある。花軸の先に穂状、あるいは円錐状に薄紫色のを咲かす。頭花は3つの小花からなる。小花の花弁は細長く反り返る。総苞は狭い筒状になり、総苞片は多列あり、覆瓦状に並ぶ。日本から中国にかけた地域で30種ほどが知られる[1]。日本では多くが山間部に自生する。

日本に分布する種[編集]

クサヤツデ属のクサヤツデ Diaspananthus uniflorus をこの属に入れる場合がある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本の野生植物草本III合弁花類』pp.207-208

参考文献[編集]