モホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モホをかけた「パパス・アルガダス」

モホ(Mojo)は、カナリア諸島原産のソースの一種である。様々な種類があり、赤色のものが最も一般的であるが、緑色やオレンジ色、その他の色のものもある。

基本的なレシピでは、オリーブオイル、大量のニンニクパプリカクミンを混ぜ、レモンオレンジライム等の果汁を加えて味付けする。カナリア諸島名物のベークドポテトの一種「パパス・アルガダス」等にかけられる他、食事の最初に食べられるパンにつけることもある。カナリア諸島からの移民によって持ち込まれた同じモホという名前を持つよく似たソースが、キューバ等のカリブ地域やアメリカ合衆国のディープサウス地域でもバーベキュー用ソースとして用いられている。トマトコショウアボカド等、様々な味付けがなされている。

キューバ料理では、ニンニク、オリーブオイル、オレンジジュースから作るソースをモホといい、キャッサバの茎で味付けし、ローストポークマリネ等に用いられる[1]

Mojo Canario

プエルトリコでは、刻んだコリアンダーパセリ等のハーブと塩、大量のつぶしたニンニクとオリーブオイルから作るソースをさす。黒コショウ、タマネギ、酢、レモンが加えられることもある。トストーネやキャッサバ、モフォンゴ等につけて食べられる。

出典[編集]

  1. ^ Steve Otto (2007年10月24日). “Cuban Is Ours, Any Way You Try To Slice It”. The Tampa Tribune. 2009年9月14日閲覧。