モハンマド・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mohammadshah.jpg

モハンマド・シャー1808年1月5日-1848年9月5日ペルシャ語محمد شاه قاجار)は、ガージャール朝第3代シャー。1834年10月23日に即位し、死ぬまでその地位を占めた。生まれた際の名前は、モハンマド・ミールザーといった。

生い立ち[編集]

モハンマド・ミールザーは、アゼルバイジャン地方を統治していたアッバース・ミールザー英語版の子供として生まれた。もともと、ファトフ・アリー・シャーは、アッバース・ミールザーを自らの後継者として指名していたが、ファトフ・アリーよりも先に、アッバース・ミールザーが病死してしまう事態が起きた。そこで、ファトフ・アリーは、後継者に孫のモハンマド・ミールザーに指名した。指名した翌年、ファトフ・アリーが病没するとファトフ・アリーの子供の1人であるアリー・ミールザーから王位の挑戦を受けたが、政治家科学者詩人でもあったファラハーニーen)の協力を得て、40日後にはその挑戦を退け、モハンマド・シャーとして即位した。

シャーとして[編集]

Mohammadshah yong.jpg

ファラハーニーは、この功績により、大蔵大臣に任命された。しかし、1835年には、ハッジ・ミールザー・アガシによる調査が行われ、彼は、大臣の職を解かれた。モハンマドの統治は、ミールザー・アガシの政策に大きな影響を受けた。

モハンマドは、ルイ・フィリップが統治するフランスに使節を派遣した。その目的は、イギリスの勢力範囲になっていたアフガニスタンヘラートを攻略するためであった。1839年、フランスから2人の軍事顧問が派遣され、タブリーズに到着した。しかし、モハンマドの試みは失敗に終わった。

モハンマドは、生涯を通して、いろんな病気に悩まされたと伝えられている。40歳のときに、痛風になって死亡した。

モハンマドは、ロシアの影響を受け、イランを近代化し、西洋化を進めようと試みていた。その事業は、ナーセロッディーン・シャーに引き継がれた。また、モハンマドの近代化の努力によって、イランに写真が移入された。この時代には、ラッカーによる絵画が描かれた。この時代には、ペルシャの象徴として獅子と太陽en)が用いられ始めた。

モハンマドの時代には、バーブ教の活動が活発になり始めた時代であった。バーブ教の活動は、ナーセロッディーン・シャーを悩ませる事となる。