モハメッド・ガンヌーシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハメッド・ガンヌーシ
محمد الغنوشي


任期
1999年11月17日 – 2011年2月27日
大統領 ベン=アリー
フアド・メバザ(暫定)
前任者 ハーミド・カルイ(カラウィー)
後任者 ベージー・カーイド・アル=セブシー

任期
2011年1月14日 – 2011年1月15日
前任者 ベン=アリー
後任者 フアド・メバザ(暫定)

出生 1941年8月18日(72歳)
Flag of French Tunisia.svg 仏領チュニジア、スース
政党 立憲民主連合
配偶者 チュニス大学

モハメッド・ガンヌーシ(ムハンマド・ガヌーシー)アラビア語: محمد الغنوشي‎Muḥammad al-Ġanūšī1941年8月18日 - )は、チュニジア政治家。与党立憲民主連合(RCD)の一員。同国首相を務めた。

スース出身。1992年から1999年まで国際関係・外国投資相を務めた後、同年11月17日、首相に就任。2005年愛知万博の際には、夫妻で来日した。

2011年1月14日、23年にも及ぶ独裁政権を築いてきた大統領ザイン・アル=アービディーン・ベン・アリーが高まる国民の不満に抗しきれず国外脱出、首相であったガンヌーシが暫定大統領への就任を宣言した[1]が、翌1月15日には憲法評議会が憲法の規定に基づき、下院議長のフアド・メバザを暫定大統領に任命した。首相として暫定政権運営に参加したが、旧政権の一員であることなどから国民の不満が収まらず、2月27日に首相辞任の意向を表明[2]

出典[編集]


公職
先代:
ベン=アリー
チュニジアの旗 チュニジア共和国大統領
(暫定)2011
次代:
フアド・メバザ
(暫定)
先代:
ハメド・カルイ英語版
チュニジアの旗 チュニジア共和国首相
第32代:1999 - 2011
次代:
ベージー・カーイド・アル=セブシー英語版