モッキン・バード・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モッキン・バード・ヒル」は、1951年発表の米国のスタンダード歌曲である。ジョージ・ヴォーン・ホートン作詞・作曲。4分の3拍子のワルツ調の歌曲である。

パティ・ペイジレス・ポールメリー・フォードの歌唱により人気曲となったが、これは両アーティストにとっては前年の「テネシー・ワルツ」に続く大ヒットナンバーである。

概要[編集]

「モッキン・バード・ヒル」の基盤となっているのは、1915年にカール・ジュラーボ英語版のレコード盤で米国での人気を博したスウェーデンワルツ「Livet i Finnskogarna(フィンランドの森の暮らし)」とされている。

パティ・ペイジの録音盤は1951年1月17日にマーキュリー・レコードから発売され、同年2月24日から22週間にわたってビルボードのポップ・ミュージックチャートに名を載せた。最高位は2位である。また同時期に、マーキュリー・レコードではタイニー・ヒル&ヒルサイダーズの歌唱したレコード盤も制作している。

レス・ポールとメリー・フォードの録音盤はキャピトル・レコードから発売され、やはりビルボードのトップ10入りを果たしている。

キャッシュボックスのレコード販売チャートによると、すべての歌唱版を合わせたばあい、「モッキン バード ヒル」は最初に1951年3月3日にチャートインし、1951年4月21日に1位となり、1951年5月12日のチャートまで第1位を保ち、5月26日には再び1位に返り咲いている。

ビッグバンドのリーダーであったラス・モーガンは、ゲイ・シスターをバックコーラスに起用した版を1951年に録音している。

「モッキン・バード・ヒル」は、ザ・クラッシュの歌曲『Spanish Bombs』でも名を出している。

「みんなのうた」での紹介[編集]

みんなのうた
モッキン・バード・ヒル
歌手 上條恒彦
作詞者 山元清多
作曲者 ヴォーン・ホートン
編曲者 高井達雄
映像 アニメーション
映像制作者 古川タク
初放送月 1976年12月1977年1月
再放送月 2011年8月9月
その他 1977年5月5日に『特集』、2011年4月に『1970'sセレクション』でそれぞれ再放送。
テンプレートを表示

「モッキン・バード・ヒル」の日本語版は、1976年12月NHKみんなのうた」で放送された。作詞:山元清多、編曲:高井達雄。歌は上條恒彦で、「みんなのうた」は5回目の出演だが、ソロは初。アメリカを舞台にし、町から町へと旅をする男の心を綴った歌。アニメーションは古川タクが担当し、背景にはかつてのアメリカの風景が描かれている。なお放送では3番は省かれた。

1977年5月5日に『特集みんなのうた』で再放送されたのみで、定時番組では長らく再放送されていなかったが、2011年4月に放送された『みんなのうた 1970'sセレクション』の中の一曲として放送、そして同年8月~9月に、定時では35年振りに再放送された。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]