モタグァ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モタグア川
モタグア川 2008年3月6日撮影
延長 486.55 km
水源の標高 -- m
平均流量 208.7 /s
流域面積 12,670 km²
水源 グアテマラ
エル・キチェ県バハ・ベラパス県
河口・合流先 ホンジュラス湾
流域 グアテマラの旗 グアテマラ
ホンジュラスの旗 ホンジュラス
数値出典[1]
テンプレートを表示

モタグア川Río Motagua)は、主にグアテマラ共和国内を流れる総延長486キロメートル、流域面積12,670平方キロメートルのグアテマラ最大の河川である。グアテマラの中央部に源を発し東へと流れ、カリブ海ホンジュラス湾に注ぐ。河口付近の数キロメートルは、グアテマラとホンジュラス国境線となっている。

モタグァ谷はメソアメリカ地域で唯一のヒスイの産地として知られ、先コロンブス期を通じて重要な商業ルートであった。世界遺産に登録されているマヤ文明キリグア遺跡はモタグア川北岸付近にあり、流域に存在するいくつかの小規模な遺跡ではヒスイの採掘場と工房が見つかっている。モタグア谷で北アメリカプレートカリブプレートが境を接しており、グアテマラはココスプレート沈み込み帯に位置している。

出典[編集]

  1. ^ INSIVUMEH. “Principales ríos de Guatemala”. 2008年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]