モスクビッチ・410

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1958 Moskvich 410N.

モスクヴィッチ・410(Moskvitch 410)は1957年に市場投入された、ソビエト連邦の自動車メーカー・モスクヴィッチで製造されていた四輪駆動車。農業従事者向け車輌402 をベースにしている。エンジンは当初35hp、のち45hpになる。ステーションワゴンモデルの「411」も製作された。総計12,000台が生産され、輸出もされた。

地上最低高は220mmあり、30cmの水深をわたることができた。ローギアでは33度の傾斜の登坂ができた。初期モデルでは3x2スピードに加え1x2の後部ギアボックスの組み合わせが用いられており、1960年には4x2スピードと1x2後部ギアボックスとなっている。最高時速は時速90km。 

関連項目[編集]