モシワ・レコタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モシワ・ジェラルド・パトリック・レコタ
Mosiuoa Gerard Patrick Lekota
Mosiuoa Lekota, 000215-D-9880W-112 detail.jpg
生年月日 1948年8月13日(66歳)
出生地 南アフリカの旗 南アフリカ連邦
オレンジ自由州クルーンスタッド
出身校 聖フランシス大学退学
所属政党 国民会議(OCPE)

内閣 ムベキ内閣
任期 1999年 - 2008年9月24日
大統領 タボ・ムベキ

任期 1997年 - 1999年

南アフリカ共和国の旗 上院議員
当選回数 2回
任期 1997年 -

当選回数 1回
任期 1994年 - 1996年

任期 2008年12月16日 -
テンプレートを表示

モシワ・ジェラルド・パトリック・レコタ英語: Mosiuoa Gerard Patrick Lekota1948年8月13日 - )は、南アフリカ共和国政治家上院議員国民会議(OCPE)議長(初代)。

国防相、上院議長、フリーステイト州首相を務めた。

概要[編集]

黒人解放運動の闘士[編集]

オレンジ自由州(現: フリーステイト州)クルーンスタット出身。

大学生のときに黒人解放運動に参加するが、1974年に逮捕されてロベン島政治犯刑務所に拘束された。

1982年に出所したものの、1985年に再び逮捕されるが、アパルトヘイト政策の見直しにより1989年に再出所した。1990年以降、アフリカ民族会議(ANC)の幹部として頭角を現して要職を歴任した。

1999年、タボ・ムベキの大統領就任に伴って国防相に就任、ムベキの側近として政権を支えた。

ANC離脱と新党結成[編集]

2008年、ムベキがANC議長のジェイコブ・ズマの圧力によって辞職に追い込まれた際、他の9閣僚とともに辞表を提出した。翌月にはズマの党運営を批判し、ANCを離党した。

レコタの離党に対してANC執行部は党員資格の停止処分を決定したが、ムベキ支持グループが反発し集団離党し、新党「国民会議」 を結成、初代議長に就任した。

関連項目[編集]