モイラ・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モイラ・ケリー
Moira Kelly
生年月日 1968年3月6日(46歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 スティーヴ・ヒューイット (2000-)

モイラ・ケリー(Moira Kelly, 1968年3月6日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーククイーンズ出身の女優

来歴[編集]

父親はバイオリニスト、母親は看護婦でアイルランドからの移民。

大学在学中から演劇活動を始め、大学卒業後の91年に実際の事件を描いたテレビ映画『愛、嘘、殺人』でデビュー。同年、『ビリー・バスゲイト』で映画初出演を飾る。

92年にはテレビドラマ『ツイン・ピークス』の前日譚をデヴィッド・リンチ自らが監督した『ツインピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』でララ・フリン・ボイルに代わってドナ役を演じたほか、チャールズ・チャップリンの生涯を映画化した『チャーリー』でチャップリンが最初に恋をした女性ヘティ・ケリーと、チャップリンと晩年まで連れ添った4番目の妻ウーナ・チャップリンの2役で出演。

その他、『ライオン・キング』のナラ(大人)の声でも知られる。

TVでは『ザ・ホワイトハウス』のマンディー・ハンプトン役や『One Tree Hill』のカレン・ロー役を演じた。

私生活[編集]

2000年に実業家のスティーヴ・ヒューイットと結婚。2人の子供の母親でもある。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

製作年 邦題
原題
役名 備考
1991 愛、嘘、殺人
Love, Lies and Murder
シナモン・ブラウン テレビ映画。BS2での放映のみ。デビュー作品
ビリー・バスゲイト
Billy Bathgate
ベッキー 映画デビュー作
1992 ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間
Twin Peaks: Fire Walk with Me
ドナ・ヘイワード
チャーリー
Chaplin
ヘティ・ケリー/ウーナ“オニール”チャップリン 2役での出演
冬の恋人たち
The Cutting Edge
ケイト・モーズリー
1993 デイブレイク
Daybreak
ブルー テレビ映画
1994 きっと忘れない
With Honors
コートニー・ブルーメン
ライオンキング
The Lion King
ナラ(大人) 声の出演
リトル・オデッサ
Little Odessa
アラ
1995 闇を見つめる瞳
The Tie That Binds
ドナ・クリフトン
1996 ミルドレッド
Unhook the Stars
アン・メアリー・マーガレット・ホークス DVD題は『ミルドレッド 50歳からのスタートライン』
天使の旅立ち
Entertaining Angels: The Dorothy Day Story
ドロシー・デイ
1997 ラブ・ウォーク・イン
Love Walked In
ヴェラ
1998 娼婦ベロニカ
Dangerous Beauty
ベアトリーチェ・ヴェニエ
ライオン・キング2 シンバズ・プライド
The Lion King II: Simba's Pride
ナラ 声の出演。オリジナルビデオ
奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン
Monday After the Miracle
ヘレン・ケラー テレビ映画。NHK教育での放映のみ
2004 ライオン・キング3 ハクナ・マタタ
The Lion King 1½
ナラ オリジナルビデオ

テレビドラマ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1998 To Have & to Hold Annie Cornell 日本未放送
1999-2000 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
マンディー・ハンプトン
2003-2009 One Tree Hill
One Tree Hill
カレン・ロー 第5シーズン以降はゲスト出演

参照[編集]

外部リンク[編集]