メーンズ・コルテベークの式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生体力学におけるメーンズ・コルテベークの式: Moens–Korteweg equation)とは、脈波伝播速度(pulse wave velocity, PWV)と動脈壁の増分弾性係数(incremental elastic modulus)との関係を表した式である。この関係式はアドリアン・メーンズ[1][2]とディーデリック・コルテベーク[3]によりそれぞれ独立に発表された。

この関係式は運動の第2法則といくつかの単純化のための仮定を用いて導かれ[4]、下記のように表される。

PWV = \sqrt{\dfrac{E_\text{inc} \cdot h}{2r\rho}}

メーンズ・コルテベークの式の述べるところは、血管壁の壁厚 h の血管の半径 r血液密度 ρ に対する比が一定である時、脈波伝播速度 PWV は増分弾性係数 Einc の平方根に比例するというものである。但し、動脈壁は等方的であり血圧による等積変化を受けるものと仮定する[5]

脚注[編集]

  1. ^ Moens, Adr. Isebree (1877年) (Dutch). Over de voortplantingssnelheid van den pols [On the speed of propagation of the pulse] (Ph.D. thesis). Leiden, The Netherlands: S.C. Van Doesburgh. 
  2. ^ Moens, A. Isebree (1878) (German). Die Pulskurve [The Pulse Curve]. Leiden, The Netherlands: E.J. Brill. OCLC 14862092. http://www.archive.org/details/diepulscurve00iseb. 
  3. ^ Korteweg, D.J. (1878). “Über die Fortpflanzungsgeschwindigkeit des Schalles in Elastischen Röhren”. Annalen der Physik 241 (12): 525-542. Bibcode 1878AnP...241..525K. doi:10.1002/andp.18782411206. 
  4. ^ Milnor, William R. (1982). Hemodynamics. Baltimore: Williams & Wilkins. ISBN 0-683-06050-3. 
  5. ^ Gosling, R.G.; Budge, M.M. (2003). “Terminology for Describing the Elastic Behavior of Arteries”. Hypertension 41 (6): 1180−1182. doi:10.1161/01.HYP.0000072271.36866.2A. 

参考文献[編集]

  • McDonald, Donald A.; Nichols, Wilmer W.; O'Rourke, Michael J.; Hartley, Craig (1998). McDonald's Blood Flow in Arteries, Theoretical, experimental and clinical principles (4th ed.). London: Arnold. ISBN 0-340-64614-4. .
  • Tijsseling A.S., Anderson A. (2012) "A. Isebree Moens and D.J. Korteweg: on the speed of propagation of waves in elastic tubes", BHR Group, Proc. of the 11th Int. Conf. on Pressure Surges (Editor Sandy Anderson), Lisbon, Portugal, October 2012, pp. 227–245, ISBN 978-1-85598-133-1.

関連項目[編集]