メーラレン湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メーラレン湖
メーラレン湖の夕暮れ
位置 北緯59度30分 東経17度12分 / 北緯59.500度 東経17.200度 / 59.500; 17.200座標: 北緯59度30分 東経17度12分 / 北緯59.500度 東経17.200度 / 59.500; 17.200
流域国 スウェーデン
面積 1,140 km²
最大水深 63 m
平均水深 13 m
貯水量 14 km³
Selaön、 Svartsjölandet
テンプレートを表示
位置

メーラレン湖(メーラレンこ)は、スウェーデンヴェーネルン湖ヴェッテルン湖に次いで3番目に大きい。面積1140km²、最深64mである。

南西部から北西部に向かってセーデルテリエ運河、ハンマービー水門(Hammmarbyslussen)、カール・ヨハン水門(Karl Johanslussen)、ノッルストローム(Norrstrom)を経てバルト海へ注いでいる。湖の最東部の湾はストックホルム中心部に位置し、リッダーフィヨルド(Riddarfjarden)と呼ばれる。

湖はスヴェアランドにあり、ウップランド地方セーデルマンランド地方ネルケ地方ヴェストマンランド地方の各地方にまたがっている。メーラレン湖の最も大きな島2つは Selaön(91km²)とSvartsjölandet(79km²)である。

ビェルケ島ヴァイキング時代の定住地ビルカが、隣接するアデルスユー島ホーヴゴーデンがあり、1993年ユネスコ世界遺産に登録された。また同じく世界遺産であるドロットニングホルム宮殿ローベン島にある。

なお小惑星(3057)メーラレンは、メーラレン湖に因んで命名された。

語源[編集]

メーラレンの語源は1320年代の歴史的な記録に現れており、古ノルド語(れき)を意味するmælirに起因している。以前は湖、あるいは液体を意味する古ノルド語のlögrから派生した「湖」を意味するLøgrinnとして知られていた。これは語源的に「入浴する」という意味の古い動詞lögaと同類であり、ほぼ間違いなく土曜日(lördag)と関連している[1][2]

メーラレン湖の詳細図。ライトピンクはストックホルム市街地。

地質学[編集]

最後の氷河期末期にあたる約11,000年前まで、北ヨーロッパと北アメリカの大部分は厚さが最高3kmの氷床に覆われていた。氷河期の終わりに氷河が後退し、沈降していた土地から氷河の重量が取り去られたことが後氷期地殻隆起en:Post-glacial rebound)につながった。当初隆起は急速で年に7.5cmで進行したが、この状況は氷床の後退の進行によっておよそ2000年間続いた。退氷が完了した時点で隆起は年2.5cmまでに減速し、その後急速に減少した。こんにち隆起は年1cm以下であるが、研究により、隆起はもう10,000年ぐらいは継続するであろうことが示唆されている。

神話[編集]

北欧神話ではメーラレン湖は女神ゲフィオン(Gefjun)がスウェーデンの王ギュルヴィ(Gylfi)をだまして土地を引いた跡地であるとされている[3]。これは別名ゲフィオンの国引きと言われているが、デンマークでは湖と島の形の相似から首都のあるシェラン島がメーラレン湖から引かれて来た土地と考え、この伝承を国作り神話と捉えている[4]

生態系[編集]

メーラレン湖の岩礁で最も一般的に営巣する鳥は、バルト海でも最も一般的な種類である。2005年に行われた調査以降、よく見られる鳥10種はアジサシセグロカモメユリカモメカモメカモキンクロハジロカナダガンホオジロガモニシセグロカモメイソシギである。

オジロワシハイイロガンカオジロガンオオハムウミアイサオカヨシガモはあまり一般的ではなく、うち数種がメーラレン地域において絶滅の危機に瀕している。1994年以降カワウの亜種の巣がよく見られるようになっており、2005年の調査では2,178の巣を有する23の繁殖コロニーが確認され、もっとも大きなコロニーには235の巣があった。専門家の大部分はカワウの個体数はピークに達しており、巣の数は約2,000ぐらいに安定すると考えている[5]. 。

もっとも特徴的な種はメーラレン湖で強い存在感を持つミサゴである。ミサゴの巣は湖の入り江のほとんどに見られる。

ゼブラガイ(カワホトトギスガイ)は外来種とみなされており問題となっている。

出典[編集]

  1. ^ Martin Stugart (2004年10月4日). “Vad betyder namnet Mälaren?”. Stockholm: Dagens Nyheter. 2007年3月12日閲覧。
  2. ^ Martin Stugart (2004年3月22日). “Varifrån kommer namnet Mälaren?”. Stockholm: Dagens Nyheter. 2007年3月12日閲覧。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』p.224(「ギュルヴィたぶらかし」1章)
  4. ^ 菅原、p.276
  5. ^ Länsstyrelsen i Stockholms län - Rapport 2006:02: Mälarens Fåglar (pdf, in Swedish)

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年。
  • 菅原邦城『北欧神話』東京書籍、1984年。