メンフィス (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS-Memphis (CL-13).jpg
艦歴
発注
起工 1920年10月14日
進水 1924年4月17日
就役 1925年2月4日
退役 1945年12月17日
その後 1947年にスクラップとして廃棄
除籍 1946年1月8日
性能諸元
排水量 7,050トン
全長 555 ft 6 in (169.3 m)
全幅 55 ft 6 in (16.9 m)
吃水 20 ft (6.1 m)
機関 ギアード・タービン、4軸推進
最大速 35ノット
乗員 士官、兵員790名
兵装 6インチ砲12門
21インチ魚雷発射管6門

メンフィス (USS Memphis, CL-13) は、アメリカ海軍軽巡洋艦オマハ級軽巡洋艦の1隻。艦名はテネシー州の都市、メンフィスに因む。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

メンフィスは1920年10月14日にペンシルベニア州フィラデルフィアウィリアム・クランプ・アンド・サンズ社で起工した。1924年4月17日にエリザベス・R・ペイン(メンフィス市長ロウレット・ペインの娘)によって命名、進水し、1925年2月4日にフィラデルフィア海軍工廠で艦長ヘンリー・E・ラッキー大佐の指揮下就役した。

2月後半にメンフィスはカリブ海での整調巡航に出航する。4月13日、トリニダードポートオブスペインオリバー・ハザード・ペリー代将を追悼する記念碑の奉納式に参加した。ペリー代将は1813年9月10日にエリー湖の戦いイギリス軍を打ち破り、その6年後にポートオブスペインにおいてフリゲートジョン・アダムズ (USS John Adams) の艦上で死去、同地に埋葬されその7年後にロードアイランド州ニューポートに再埋葬された。6月にメンフィスはハワイ州ホノルル沖で偵察艦隊と合流し、9月まで南太平洋を巡航、オーストラリアニュージーランドを訪問した。1925年10月から1926年4月までメンフィスは西インド諸島で活動し、その後母港のニューヨークに帰還した。

メンフィスはヨーロッパに向けて出航し、6月26日にフランスサン=ナゼールに到着した。7月4日にアメリカ海軍ヨーロッパ派遣軍司令官旗艦の任務をピッツバーグ (USS Pittsburgh, CA-4) と交代し、1927年までヨーロッパ水域で活動した。1926年7月31日から8月31日までスペインサンタンデールに停泊する間に、メンフィスは国王アルフォンソ13世の訪問を受けた。

1927年6月3日にメンフィスは、ニューヨーク=パリ間の無着陸飛行を行ったチャールズ・リンドバーグとその乗機をイギリスサウサンプトンで乗艦させた。翌日フランスのシェルブールを出航し、6月11日にワシントンD.C.に到着、ワシントン海軍工廠でリンドバーグを降ろした。同年の残りは大西洋岸で偵察任務に従事した。


ウルグアイフアン・ホセ・デ・アメサーガ大統領およびブラジルジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス大統領は1944年1月に艦を訪問した。両国は「大西洋の海峡」の封鎖に対して有効的な援助を与え続けた。翌年、メンフィスはヨーロッパへ出航し、1945年1月16日にイタリアナポリに到着した。27日にヨーロッパ方面軍司令官ハロルド・スターク提督の旗艦となり、メンフィスは2月に開催されるヤルタ会談に先立って行われる連合軍司令官の会議のためマルタ島のバレッタへ向かった。1月末までにメンフィスは2名の重要人物、アーネスト・J・キング元帥およびジョージ・C・マーシャル元帥を乗艦させた。

2月18日、メンフィスはルーズベルト大統領が最後の連合軍首脳会談から帰国する前にアルジェに到着した。続く8か月間、メンフィスは有名なリーダーを受け入れ続けた。メンフィスは8月15日にフランス南部のサンラファエルサントロペで連合軍上陸の最初の記念式典に、10月27日にはイタリアのナポリで海軍記念日の式典に参加した。その後11月後半にタンジールを出航しペンシルベニア州フィラデルフィアに向かい、同地で1945年12月17日に退役した。メンフィスは1946年1月8日除籍され、12月18日にペンシルベニア州ベスレヘムのパタプスコ・スクラップ社に売却、1947年1月10日に廃棄のため届けられた。

外部リンク[編集]