メロン・リキュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミドリ・メロン・リキュール
Midori Bottle.jpg
基本情報
種類 メロン・リキュール
詳細分類 果実系のリキュール
度数 17 〜 23度
主原料 メロン
原産国 日本・オランダ
製造元 サントリーボルス
詳細情報
エキス分 14 〜 45%
テンプレートを表示

メロン・リキュールは、メロンを原材料としたリキュールである。主な生産国日本オランダ。おおよそアルコール度数は17〜23度、エキス分は14〜45%

歴史[編集]

初めてメロン・リキュールが作られたのは1964年である。日本サントリーが発売したヘルメス・メロン・リキュールが世界初の製品とされている。メロン・リキュールは1971年に、日本では初めて行われた国際バーテンダー協会による世界大会の際に多くのバーテンダーに認知されるようになり、世界的に広く愛飲されることとなった。

その後、1978年にサントリーがミドリ・メロン・リキュールを発売。これは従来品に残るウリ科独特の野菜臭を低減した完成度の高いリキュールであり、日本を代表する銘酒の一つとして各国に広まった。現在では約30カ国に輸出されている。

製菓用には専門メーカーのドーバー社が着色料使用・不使用の両タイプを製造・販売している。

銘柄[編集]

マスクメロン
ハニーデューメロン

いずれもマスクメロンハニーデューメロンを原材料としており、その甘み、色彩を意識した作りとなっている。メロン・リキュールをカクテルに使用する場合、このリキュールの緑色を活かすようにするレシピが多い。

ヘルメス・メロン・リキュール
1964年にサントリーが発売した世界初のメロン・リキュール。アルコール度数は22度、エキス分は45%。
ミドリ・メロン・リキュール
1971年の世界大会後に、ヘルメス・メロン・リキュールと同じくサントリーが発売したメロン・リキュール。文献では、しばしばメロン・リキュールの代表格として記述される。原材料は日本静岡県産のマスクメロンなど。アルコール度数は23度、エキス分は21%。
ボルス・メロン・リキュール
オランダのボルス社によって製造されたメロン・リキュール。メロンの香味成分に蒸留酒を添加、蒸留の後着色されて作られる。アルコール度数は24度、エキス分は24%。
デ・カイパー・メロン・リキュール
オランダのデ・カイパー社が製造するリキュール。マスクメロンを使用。アルコール24度、エキス分26%。
アペリティフ・オ・メロン
アルザス地方のJ.ベルトラン社のリキュール。アルコール度数18度、エキス分14%といずれも抑え気味の仕上がりで、名前通りストレートで食前酒向けになっている。
ドーバー メロンリキュール(グリーン・ホワイト)
日本の製菓用洋酒メーカー、ドーバー社が製造している。原料にマスクメロンを使用。アルコール度数18度。業務用1.8L・家庭用100ml・200ml。

メロン・リキュールを使用したカクテル[編集]

メロンボール
ウォッカオレンジ・ジュースを用いた非常に果実風味のカクテル。メロン・リキュールを用いたカクテルの代表格。
メロン・リキュール60ml、ウォッカ30ml、オレンジ・ジュース120mlをタンブラーに注ぎ、を入れてステアする。
なお、各種材料の割合は変わることがあり、オレンジ・ジュース以外が使用されることもある。
セックス・オン・ザ・ビーチ
映画「カクテル」に登場することで有名になったカクテル。ウォッカとパイナップル・ジュースを主に、クレーム・ド・フランボワーズもしくはグレナデン・シロップを用いて作られる。
ミドリ・マルガリータ
マルガリータのバリエーションのひとつ。マルガリータレシピ中のホワイト・キュラソーをメロン・リキュールで置換する。
ミドリ・ミルク
カルーア・ミルクのように、牛乳で割ったカクテル。
グリーンピース
メロン・リキュールにブルー・キュラソー、パイナップル・ジュース、レモン・ジュース、それに生クリームをブレンドしたカクテル。
メロン・フィズ
メロン・リキュールをフィズ・スタイルにしたカクテル。

これらの他にも香りづけ、色づけとしてさまざまなカクテルに添加され、レシピのバリエーションを豊かなものにしている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]