メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦
The Twelve Chairs
監督 メル・ブルックス
脚本 メル・ブルックス
原作 イリヤ・イリフ
エフゲニー・ペトロフ
製作 マイケル・ハーツバーグ
ロナルド・H・ギルバート
製作総指揮 シドニー・グレイジャー
出演者 ロン・ムーディ
フランク・ランジェラ
ドム・デルイーズ
メル・ブルックス
撮影 ドード・ニコリック
編集 アラン・ハイム
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年10月28日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ロシア語
テンプレートを表示

メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦』(原題: The Twelve Chairs)は、1970年アメリカ映画コメディ映画。日本劇時未公開作品。

概要[編集]

プロデューサーズ』(1968年)で映画監督デビューしたメル・ブルックス監督の第2作目となる長編映画作品。

1928年ソ連で出版されたイリヤ・イリフエフゲニー・ペトロフIlf and Petrov)の短編小説『12脚の椅子(The Twelve Chairs)』を原作としており、ロシア革命により凋落した帝政時代の旧貴族を悲喜こもごもに描いている。

スラップスティック・ギャグを多用しているが、ブルックス監督作品としては珍しいことにシリアスな演出が多く、脚本自体もペーソス溢れるものとなっている。

ストーリー[編集]

舞台はロシア革命直後のソビエト連邦共和国

国家の社会主義化により財産を没収されることを怖れた旧貴族の母親が、自宅の椅子12脚中の1脚に巨額の宝石を縫い込んで、ソビエトのどこかに隠してしまう。それから数年後、病床に伏した母親は遺言として息子(ロン・ムーディー)にその事実を伝えるが、肝心の隠した場所を告げずに亡くなってしまう。

金に目がくらんだ息子は、偶然出会ったペテン師の青年(フランク・ランジェラ)とともにその椅子を探す旅に出るが、遺言を盗み聞きしていた神父(ドム・デルイーズ)も椅子争奪戦に参加する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

プロダクション・ノート[編集]

外部リンク[編集]