メルヴィン・レフラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メルヴィン・レフラー (Melvyn P. Leffler, 1945年 - )は、アメリカ合衆国歴史学者ヴァージニア大学歴史学部エドワード・ステティニアス記念講座教授。専門は、アメリカ外交史、冷戦史

コーネル大学を卒業後、1972年オハイオ州立大学で博士号を取得。国防総省長官府出向の外交問題評議会研究員(カーター政権)などを経て現職。

ノーベル研究所研究員、ウッドロー・ウィルソン国際学術センター研究員、ヴァージニア大学教養部長(1997-2001年)、オックスフォード大学客員教授(2002-03年)、アメリカ合衆国平和研究所上席研究員(2004-06年)などを歴任した。

1993年、著書A Preponderance of Powerコロンビア大学よりバンクロフト賞を受賞した。

著作[編集]

単著[編集]

  • The Elusive Quest: America's Pursuit of European Stability and French Security, 1919-1933. (Chapel Hill: University of North Carolina Press, 1979).
  • A Preponderance of Power: National Security, the Truman Administration, and the Cold War. (Stanford University Press, 1992).
  • The Specter of Communism: the United States and the Origins of the Cold War, 1917-1953. (Hill and Wang, 1994).
  • For the Soul of Mankind: the United States, the Soviet Union, and the Cold War. (Hill and Wang, 2007).

共編著[編集]

  • Origins of the Cold War: an International History, co-edited with David S. Painter, (Routledge, 1994, 2nd ed., 2005).
  • To Lead the World: American Strategy after the Bush Doctrine, co-edited with Jeffrey W. Legro, (Oxford University Press, 2008).