メルヴィン・コンウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メルヴィン・コンウェイ: Melvin Conway)は初期のコンピュータ科学者、プログラマーであり、コンウェイの法則として知られる法則「システムを設計する組織は、その構造をそっくりまねた構造の設計を生み出してしまう」 (原文: "Organizations which design systems are constrained to produce designs which are copies of the communication structures of these organizations.")を生み出したハッカーとしても知られる。

コンウェイは、おそらくこの法則ではなく、コルーチンを発明した論文[1]および 1958年にUNCOL を提唱したことで[2]最も有名である。

コンウェイはバロースの model 220 コンピュータ向けに SAVE と呼ばれるアセンブラを書いた。SAVE は何かの頭文字ではなく、その機能によるものだった。つまり、SAVEでプログラムを書くことで、パンチカードを節約(SAVE)することができたのである。

1970年代と1980年代、彼はアメリカ国立標準技術研究所向けの MUMPS 医療コンピュータ言語と、 システム言語の標準化に携わっていた[3] 。また、MUMPS についての参考書を著した[4]

参考文献[編集]

  1. ^ M.E. Conway, Design of a separable transition-diagram compiler, Communications of the ACM, Vol. 6, No. 7, July 1963
  2. ^ Melvin E. Conway, "Proposal for an UNCOL", Communications of the ACM 1:3:5 (1958).
  3. ^ "1977 Version of ANSI Standard MUMPS". "Part I of this Standard, the MUMPS Language Specification, MDC/28, was prepared by Melvin E. Conway under Contract No. 5?35770 with the National Bureau of Standards."
  4. ^ Mumps Programming Reference Manual by Melvin E. Conway, M Technology Assn. (December 1983) ISBN 0918118255

Selected publications[編集]

外部リンク[編集]