メルセデス・ベンツ R231

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルセデス・ベンツ SLクラス > メルセデス・ベンツ R231
メルセデス・ベンツ SLクラス
R231型
Mercedes-Benz SL500
Mercedes-Benz SL 500 BlueEFFICIENCY Sport-Paket AMG (R 231) – Frontansicht, 8. August 2012, Velbert.jpg
Mercedes-Benz SL 500 BlueEFFICIENCY Sport-Paket AMG (R 231) – Heckansicht, 8. August 2012, Velbert.jpg
Mercedes-Benz SL65 AMG
2013 Mercedes-Benz SL65 AMG Anniversary Edition -- 2012 NYIAS.JPG
販売期間 2012年-
乗車定員 2人
エンジン 276型 3.5 L V6
278型 4.7 L V8
157型 5.5 L V8
279型 6.0 L V12
最高出力 225 kW (306 PS)
320 kW (435 PS)
395 kW (537 PS)
463 kW (630 PS)
最大トルク 370 Nm (37.7 kgm)
700 Nm (71.4 kgm)
800 Nm (81.6 kgm)
1000 Nm (102.0 kgm)
全長 4,612 - 4,633 mm
全幅 1,877 mm
全高 1,300 - 1315 mm
-自動車のスペック表-

メルセデス・ベンツ R231 (Mercedes-Benz R231) は、ドイツの自動車メーカーダイムラーが生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで展開している6代目SLクラスのコードネームである。2011年7月に先代であるR230にかわり、2012年のデトロイトモーターショーにお披露目された。ダウンサイジングされた新型 4.7L V8 エンジンが搭載されるほか、AMGバージョンも導入された。メルセデス量産車初のオールアルミモノコックの採用により、従来型より140kg軽量化された[1]

デザイン・新機軸[編集]

R231はアルミニウム製スペースフレームが採用され、先代より全長と全幅はそれぞれ5cmずつ長く広くなり、4,612mm x 1,877mmとなった[2]。 先代に引き続きバリオルーフ(電動格納式ハードトップ)が採用されたほか、マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ(サンシェード機能付きガラスルーフ)がAMG SL63が標準装備、SL350、SL550はオプションで採用された[3]

新機軸がほかにも盛り込まれており、ワイパーブレードに開けられた複数の穴からウインドーウォッシャーが噴き出す“マジックビジョンコントロール”、リアバンパー下部に足をかざすだけでトランクが開く“ハンズフリーアクセス”が搭載されている。

日本市場での歴史[編集]

  • 2012年3月 「SL350ブルーエフィシェンシー」「SL550ブルーエフィシェンシー」「SL63AMG」の販売開始[4]
  • 2012年8月 最上級モデルの「SL65AMG」販売開始[5]
  • 2013年8月 一部改良[6]。「SL350ブルーエフィシェンシー」・「SL550ブルーエフィシェンシー」は価格を据え置いたままで「AMGスポーツパッケージ」を標準装備化し、グレード名称を「SL350」・「SL550」に改名。「SL63AMG」はオプション設定されている「AMGパフォーマンスパッケージ」に組まれているホイールカラーをマットブラックペイントに変更した。
  • 2014年8月5日 一部改良[7]。「SL350」と「SL550」はこれまでオプション設定だった、ワンタッチでルーフトップの透過率を変更できるマジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフを標準装備化。「SL63AMG」は最高出力を48PS、最大トルクを100Nmそれぞれ向上して動力性能を高め、リミテッド・スリップ・デフの追加により、コーナリング走行性能及び走行安定性を向上した。なお、価格は3グレードとも旧モデルから価格を据え置きにした。併せて、セットオプションには既存の「AMGカーボンエクストラパッケージ」の装備内容に、マットブラックペイント/ポリッシュ仕上げのフロント19インチ/リア20インチのAMGマルチスポーク鍛造アルミホイール、AMGパフォーマンスステアリング、専用AMGスポーツサスペンション、AMGドライバーズパッケージを追加した「AMGダイナミックパッケージ」を新設した。
  • 2014年8月22日 特別仕様車「SL350 2LOOK Edition」・「SL63 AMG 2LOOK Edition」発売。「SL350」・「SL63 AMG」をベースに、2タイプ共通でブラックルーフピラー(ルーフ及びAピラーを除くリアピラー)とdesignoプラチナホワイトインサートを施したブラックナッパレザーシート(「SL63 AMG」はダイヤモンドステッチ入りのナッパフルレザー仕様)を採用。「ダイヤモンドホワイト」のボディカラーと「ブラック」の内装色の組み合わせとしている。さらに、「SL350」はポリッシュ/ブラックペイント19インチAMG7ツインスポークアルミホイール、下部をdesignoプラチナホワイトとしたツートーンAMGスポーツステアリングを採用し、ベースグレードでは設定がないマルチコントロールシートバック、ドライビングダイナミックシート、マッサージ機能などの快適装備を追加。「SL63 AMG」はドアミラーやエアアウトレットリングなど外観・内装の随所にハイグロスブラックパーツを配し、セットオプションの「AMGダイナミックパッケージ」に含まれているポリッシュ/マットブラックペイント19インチ/20インチのAMGマルチスポーク鍛造アルミホイールやAMGドライバーズパッケージ、本仕様車専用に下部をdesignoプラチナホワイトとしてツートーン仕様としたAMGパフォーマンスステアリングなども特別装備した。「SL350」は30台、「SL63 AMG」は20台の限定販売である[8]

エンジンとテクニカルデータ[編集]

モデル SL 350
ブルーエフィシェンシー
SL 350 SL 550
ブルーエフィシェンシー
SL 550 SL 63 AMG SL 65 AMG
販売期間 2012年3月-2013年8月 2013年8月- 2012年3月-2013年8月 2013年8月- 2012年3月-2014年8月 2014年8月- 2012年8月-
ステアリング位置 右/左
トランスミッション 電子制御7速A/T
(7Gトロニックプラス)
電子制御7速A/T
(AMGスピードシフトMCT)
電子制御7速A/T
(AMGスピードシフトプラス)
駆動方式 後輪駆動(FR)
エンジン型式 276 278 157 279
種類・気筒数 DOHC V型6気筒 直噴 DOHC V型8気筒 直噴 ツインターボ DOHC V型12気筒 ツインターボ
排気量 3,498 cc 4,663 cc 5,461 cc 5,980 cc
最高出力 225 kW (306 PS)
6,500 rpm
320 kW (435 PS)
5,250 rpm
395 kW (537 PS)
5,250-5,750 rpm
[ 415 kW (564 PS)
5,500 rpm ]
430 kW (585 PS)
5,500 rpm
463 kW (630 PS)
4,800 rpm
最大トルク 370 Nm (37.7 kgm)
3,500-5,250 rpm
700 Nm (71.4 kgm)
1,800-3,500 rpm
800 Nm (81.6 kgm)
2,000-4,500 rpm
[ 900 Nm (91.8 kgm)
2,250-3,750 rpm ]
900 Nm (91.8 kgm)
2,250-3,750 rpm
1000 Nm (102.0 kgm)
2,300-4,300 rpm

参考文献[編集]

  1. ^ New Mercedes SL: Topgear.com”. 2011年12月18日閲覧。
  2. ^ Mercedes SL first look: insideline.com”. 2011年12月18日閲覧。
  3. ^ Welsh, Jonathan (2011年12月16日). “SL Roof and general info: Wall street Journal”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/drivers-seat/2011/12/16/new-mercedes-sl-roadster-goes-on-sale-this-spring-slideshow 
  4. ^ メルセデス・ベンツ、オールアルミボディーの新型「SLクラス」を発売”. 2012年3月20日閲覧。
  5. ^ 新型「メルセデス・ベンツSL65 AMG」発売”. 2012年8月29日閲覧。
  6. ^ メルセデス・ベンツSLクラスの装備内容を大幅に充実”. 2012年8月8日閲覧。
  7. ^ メルセデス・ベンツSLクラスの装備内容を大幅に充実”. 2014年8月7日閲覧。
  8. ^ 白×黒でキメた「メルセデス・ベンツSLクラス」限定発売”. 2014年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]