メルセデス・ベンツ C215

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルセデス・ベンツ CLクラス > メルセデス・ベンツ C215
メルセデス・ベンツ CLクラス
C215型
CL500
CL500.jpg
CL55 AMG
Mercedes Benz CL55 W203.jpg
販売期間 1999年 – 2006年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン M113E50型 4.966 L V8 SOHC
M113E55型 5.439 L V8 SOHC
M113E55ML型 5.439 L V8 SOHCスーパーチャージャー
M137E58型 5.786 L V12 SOHC
M275KE55LA型 5.513 L V12 SOHC ツインターボチャージャー
M137E63型 6.258 L V12 SOHC
M275KE60LA型 5.980 L V12 SOHC ツインターボチャージャー
変速機 5速AT
7速AT 7G-TRONIC
駆動方式 FR
サスペンション 前:4リンク式
後:マルチリンク式
全長 5,000 mm - 5,015 mm
全幅 1,855 mm
全高 1,400 mm
ホイールベース 2,885 mm
車両重量 1,840 - 2,020 kg
先代 メルセデス・ベンツ C140
後継 メルセデス・ベンツ C216
-自動車のスペック表-

メルセデス・ベンツ C215(Mercedes-Benz C215)は、ドイツアメリカの自動車メーカーダイムラー・クライスラー(現ダイムラー(ドイツ))が生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売していた2代目CLクラスである(C215はそのコードネーム)。C215はSクラス (メルセデス・ベンツ W220) のプラットフォームをベースにしているが、大排気量のエンジンのみがラインナップされた。

1999年のジュネーブモーターショーでC500が発表され、日本とヨーロッパでは1999年秋から販売された。2000年に12気筒エンジンのC600が追加された。2006年3月にフルモデルチェンジされるまで46,000台のC215が販売された。

装備[編集]

C215には金属バネをベースとしたアクティブサスペンションである アクティブ・ボディ・コントロール(ABC)が採用され、C215はドイツ車で初めてアクティブサスペンションを装備した車となった。このテクノロジーはCLクラス以外ではSクラスとSLクラスのみに採用されている。

他にも以下の装備が搭載されている

  • BAS(ブレーキアシスト)
  • バイキセノンヘッドライト & ヘッドライトウォッシャー
  • パークトロニック
  • マルチファンクションステアリング
  • ティップシフト
  • クルーズコントロール & 可変スピードリミッター
  • メモリー付きインテグラルシート(前席)

オプション装備:

  • レーダーによって先行車を認識する ディストロニック
  • マルチコントロールシートバック&シートベンチレーター(前席)(CL 500に設定)

マイナーチェンジ[編集]

2002年にマイナーチェンジし、ヘッドライトとフロントバンパーの意匠が変更された。

CL600CL55 AMG は新開発のエンジンが搭載された。全てのモデルに付いて アクティブ・ボディ・コントロール(ABC)が改良され、アクティブサスペンションの制御に車両重量が考慮されるようになった。

エンジン[編集]

2002年にマイナーチェンジされるまで CL600 に搭載されていた 5.8L V型12気筒エンジンは、2個のスパークプラグをタイミングをずらして点火させるデュアルイグニッションや、低負荷時に左側バンク 6 気筒を停止させるシリンダー・カットオフ・システム(ZAS)が採用された。2002年のマイナーチェンジで新開発のツインターボチャージャー付きV型12気筒エンジンが搭載され、最高出力は36パーセント向上し、最大トルクは51パーセント向上したが、シリンダー・カットオフ・システム(ZAS)は採用されなかった。C500 には 5.0L V型8気筒エンジンが搭載された。トランスミッションは2003年10月までは5速A/Tが搭載され、2003年11月からは7速ATである7G-TRONICが搭載された。

CL55 AMG は 265kW(300PS)の 5.4L V型8気筒エンジンが搭載された。このエンジンは2002年までSL55 AMGに搭載されていた。2002年からはエンジンにスーパーチャージャが追加され、CL600V型12気筒エンジンと同じパフォーマンスを獲得した他、ティップシフト機構付の5速A/Tも搭載された。2002年に期間限定で販売されたCL63 AMG には AMG により容量がアップされたV型12気筒エンジンが搭載され、最大出力は326kW(444PS)に達した。さらに2003年に CL65 AMG が発売され、最大出力は450kW(612PS)に達し、最大トルクは1000Nmに達した。

テクニカルデータ[編集]

CL 500 CL 55 AMG CL 600 CL 63 AMG CL 65 AMG
販売期間 1999−2003 2003−2006 2000−2002 2002−2006 1999−2002 2002−2006 2002 2003−2006
ステアリング 左/右
トランスミッション 電子制御5速A/T 電子制御7速A/T 電子制御5速A/T
エンジン型式 M113E50 M113E55 M113E55ML M137E58 M275KE55LA M137E63 M275KE60LA
種類・シリンダー数 SOHC V型8気筒 SOHC V型8気筒 スーパーチャージャー SOHC V型12気筒 SOHC V型12気筒 ツインターボチャージャー SOHC V型12気筒 SOHC V型12気筒 ツインターボチャージャー
総排気量 4966 cc 5439 cc 5786 cc 5513 cc 6258 cc 5980 cc
最高出力 225 kW (306 PS)
5600 rpm
265 kW (360 PS)
5500 rpm
368 kW (500 PS)
6100 rpm
270 kW (367 PS)
5500 rpm
368 kW (500 PS)
5000 rpm
326 kW (444 PS)
5500 rpm
450 kW (612 PS)
4800 rpm
最大トルク 460 Nm
2700-4250 rpm
530 Nm
3150-4500 rpm
700 Nm
2750 rpm
530 Nm
4100 rpm
800 Nm
1800-3500 rpm
620 Nm
4400 rpm
1000 Nm
2000-4000 rpm

外部リンク[編集]

関連項目[編集]