メルセデス・ベンツ C111

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メルセデス・ベンツ C111は、ドイツメルセデス・ベンツが技術開発のために1960年代から1970年代に製作したコンセプトカーである。

概要[編集]

C111 フロント
C111 リア

研究開発内容は、主にロータリーエンジンディーゼルエンジンターボなどで、プラットフォームも試験対象にされた。

楔型の2ドアクーペで、ボディカラーは「rosé wine」というオレンジ系の色だった。ドアはガルウィング式で、内装はレザートリムやエアコンなどの豪華な装備だった。

初代C111は1969年フランクフルトモーターショーで初披露された。これはグラスファイバーFRP製のボディに、インジェクションを装備した3ローターロータリーエンジンを、MRレイアウトで搭載したものだった。最高出力は280英馬力で、最高時速は260km/hだった。

数ヵ月経った1970年ジュネーブモーターショーには2代目C111が出展された。これには4ローターロータリーエンジンが搭載された。最高出力は350英馬力で、最高時速300km/h、0-100km/h加速が4.8秒だった。

その後ロータリーエンジンの開発が中止されると、今度はディーゼルエンジンの開発に切り替わり、1976年にC111初のディーゼルモデル「C111-IID」が発表された。これは2代目C111に3.0L直列5気筒ターボディーゼルエンジンを搭載したもので、最高出力は190英馬力と、当時の自動車用ディーゼルエンジンと比べはるかに高出力だった。

1978年に発表された3代目C111「C111-III」は、ボディが空力を考慮して設計された。寸法は従来のC111から変更されており、デザインも今までの楔形から流線型のスタイルとなった。タイヤは4つともスパッツに隠され、飛行機垂直尾翼状のリアウイングが取り付けられた。その結果Cd値は0.191となったが、従来のC111の面影はほとんどなかった。エンジンは最高出力230英馬力の直列5気筒ターボディーゼルが搭載された。最終的に3代目C111は、1978年ナルド・サーキットにて最高時速322km/hを記録した。

1979年には4代目C111「C111-IV」が登場した。ボディ形状に更なる改良が加えられ、1つだけだった垂直尾翼状のウイングが2つになり、さらに水平尾翼状のウイングが追加された。エンジンは、KKKツインターボ付きの4.8LV8、500英馬力エンジンが搭載された。C111-IVは最高速度約400km/hを記録し、もはや試験開発車両の域をはるかに超えた性能を備えていた。

発表当初からC111は話題を呼び、1991年にはC111の市販バージョンであるC112とともにフランクフルトモーターショーに出展されて市販化に向けた動きが進んでいたが、オイルショックなどの影響で結局これらは市販されなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]