メルセデス・ベンツ アクトロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクトロス(前期型トラクター:丸善海陸運輸)
アクトロス(後期型カーゴ)

メルセデス・ベンツ アクトロス(Mercedes-Benz ACTROS)は、ダイムラー社がメルセデス・ベンツブランドで展開する大型トラックである。

概要[編集]

SKシリーズの後継モデルとして生産され、日本国内においても、ボルボ・FH/FMとともに数多く存在しており、国産4メーカーの他、ボルボ・FH/FM日野・スカニアもライバルである。エンジンはターボ過給のV型6気筒またはV型8気筒を搭載し、トランスミッションは機械式の16段ATを搭載する。 テールランプは、(近年のサルーンには見られなくなったが)メルセデス独特の凹凸のあるタイプであり、泥はねなどがあっても一定の視認性を確保するものである。 なお、ドア部にある4桁の数字は「車両総重量・エンジンの最大出力」を現したものであり、「2535」なら「車両総重量25トン・エンジンの最大出力350馬力」となる。

歴史[編集]

  • 1996年 - 秋にヨーロッパで発表(MP1)。
  • 1998年 - 5月27日日本での販売開始。
  • 2003年 - マイナーチェンジを実施(MP2型となる)。
  • 2006年 - 日本での販売終了。
  • 2008年 - ヨーロッパでフルモデルチェンジ、2代目MP3となる。
  • 2011年 - フルモデルチェンジ、3代目MP4となり、インテリア・エクステリアがこれまでより大幅に変更された。

ラインアップ[編集]

車名の由来[編集]

  • 語源は「力強く、ハイテク」の意の造語。

関連項目[編集]