メルス・エル・ケビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mers El Kébir
المرسى الكبير
—  Municipality  —
Commune of Mers El Kébir
オラン県内のメルス・エル・ケビールの位置
Mers El Kébirの位置(アルジェリア内)
Mers El Kébir
Mers El Kébir
アルジェリア内のメルス・エル・ケビールの位置
座標: 北緯35度44分 西経0度43分 / 北緯35.733度 西経0.717度 / 35.733; -0.717
アルジェリアの旗 アルジェリア
オラン県
地区 アイン・エッ=トゥルク
面積
 - 計 10.98km2 (4.2mi2)
標高 0m (0ft)
人口 (2006)
 - 計 16,950人
 - 人口密度 1,543.7人/km² (3,998.2人/mi²)
等時帯 CET (UTC+01)
郵便番号 31310
ONS code 3115
メルス・エル・ケビールの要塞
1953年に撮られたメルス・エル・ケビール

メルス・エル・ケビールアラビア語: المرسى الكبيرal-marsā al-kabīr, フランス語: Mers El Kébir)は、アルジェリアの都市。メルス・エル・ケビール(アル=マルサー・アル=カビール)とはアラビア語で「大きな港」を意味し、その名の通り地中海に面する港町である。オラン市の西隣に位置し、オラン県に属する。

メルス・エル・ケビールはローマ帝国時代に建設され、12世紀にはアルモハード朝によって海軍基地が置かれた。15世紀にはトレムセンザイヤーン朝の支配下に入ったものの、1492年には海賊の支配下となった。その後短期間にオスマントルコポルトガルの占領下に入ったのち、1505年にはスペインフランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロス枢機卿の軍によって占領された。

シスネロスはここを拠点に隣接するオランの攻略を目指したが、1509年にメルス・エル・ケビールを襲った災害によって断念を余儀なくされた。スペインは1708年までこの街を支配したが、同年オスマントルコのベイであるムスタファ・ベン・ユーセフによって追放された。スペインは1732年にモンテマール公爵の指揮の元メルス・エル・ケビールに再び来襲し、アイン・エッ=トゥルクの戦いに勝利してメルス・エル・ケビールとオランを奪取した。その後はスペイン領となったものの、1792年カルロス4世 (スペイン王)はオスマントルコのアルジェ知事に両市を売却した。

1830年にはフランス領となり、市名はサン・アンドレ・デ・メルス・エル・ケビールと改称された。1868年には港湾機能が強化され大灯台が建設された[1] が、灯台は第2次世界大戦中に破壊された。

1940年7月3日にはイギリス海軍ヴィシー・フランスフランス海軍との間で港内にてメルセルケビール海戦が勃発した。第2次世界大戦後もフランス軍はこの港を海軍基地として使い続け、1962年に締結されたアルジェリア独立のためのエビアン協定においても、フランス軍は15年間メルス・エル・ケビール港を使用し続ける権利を獲得したが、実際には5年後にはフランス軍はすべて撤退した。

脚注[編集]