メルクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メルクールMerkur)はアメリカフォード・モーター1985年から1989年まで製造・販売していた自動車ブランド名。ヨーロッパフォード開発の車を北米市場にて販売する目的で立ち上げられた。ブランド名の由来はマーキュリーを意味するドイツの単語

概要[編集]

メルクールのロゴマーク

フォードは1970年に、ドイツ・フォードが開発しヨーロッパを中心に販売されていたカプリを北米市場にも導入した。この際、フォードブランドの車種との競合を避けるためにブランド名を付けずに”CAPRI”という車名だけのエンブレムを取り付け、リンカーンマーキュリーディーラーを通じて販売するという手法を取った。しかし、この販売方法ではブランドをアピールできないこともあり、1985年シエラの北米導入に当たって、ヨーロッパフォード車の北米向けブランドとして新たに立ち上げられた。

歴史[編集]

メルクールXR4Ti

最初に導入された車は、前述の通りシエラをベースに保安基準等を北米仕様とし1985年に発売したメルクール・XR4Tiである。ヨーロッパ仕様とはエンジンや装備が大きく違っており、そのためブラジル工場で組上げられたエンジンをドイツへ送り、カルマンによって架装を行い、北米へ輸出するという形を取った。1988年にはメルクール・スコーピオを発売。これはフォード・スコーピオの北米仕様である。どちらも”フォード・メルクールXR4Ti”や”フォード・メルクール・スコーピオ”という呼び方をされる場合がある。

メルクールは独自のディーラーは持たず、リンカーン・マーキュリーディーラーを通じて販売された。しかし販売価格の高さや認知度の低さもあり売行きは芳しくなかった。特にスコーピオはマーキュリー・セーブルと競合したため、安価で装備がより良いセーブルにセールスを奪われる形となった。これはアメリカではハッチバック(特に5ドア)は好まれないことも影響した。また”メルクール(Merkur)”というブランド名称そのものにも問題があった。Merkurはドイツ語であるため、英語読みの場合”メアクア”や”マーカー”などと呼称され、ブランド名がなかなか浸透しなかった。

フォードはメルクールを設立することで、ヨーロッパ製フォード車の販売拡張及びアメリカでのラインナップ増強を図ろうとしていたのだが、その目論見は失敗に終わる。そして1989年を以ってメルクールブランドは廃止された。

車種一覧[編集]

関連項目[編集]