メリダ・インダストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美利達工業股份有限公司
各種表記
繁体字 美利達工業股份有限公司
簡体字 美利达工业股份有限公司
拼音 Měilìdá Gōngyè Gǔfènyǒuxiàngōngsī
英文 Merida Industry Co. Ltd.
テンプレートを表示
Crossway

メリダ・インダストリーは、台湾自転車メーカーである。

ヒストリー[編集]

1972年創業。2012年現在台湾第二の自転車メーカーで、ジャイアント・マニュファクチャリングに次ぐ。製造工場のある台湾本社の他、1998年にドイツのシュトゥットガルトにメリダ・ヨーロッパが創設され、自転車の設計は現在そちらで行われている。

生産技術[編集]

アメリカの自転車ブランドのOEM生産を多く手がけるかたわら、自社ブランドの開発にも力を注いでいる。優れた製造技術を持ち、世界でも稀なマグネシウムフレームの製造を行っていたこともあり、カーボンやアルミニウムの加工も独自の技術で世界をリード、品質の安定化にフレームの量産にロボット溶接や、自動化された静電塗装技術がとり入れられている。 ライン工程には、ある一定の技術試験にパスした資格者のみその高度な工程に携わる事が可能な徹底したシステムで管理されている。 1992年日本事務所を構え、1993年ブリヂストンサイクルと提携し、2009年の低価格帯モデルまで販売はブリヂストンサイクルが行っていた。 2010年モデルからはミヤタサイクルがハイエンドモデルの販売も行う。

メリダ・チーム[編集]

MULTIVAN MERIDA BIKING TEAMはマウンテンバイクの世界トップクラスのチームで、女子XCアテネ五輪の金メダリストにして、世界選手権XCOを5回制したガン・リタ・ダ-ルや、2007年のマラソンXC世界選手権を制したラルフ・ナフそして2010年のXCO世界チャンピオンで、3度のオリンピック入賞経験を持つホセ・ヘルミダを抱える。

日本でも2012年からMIYATA-MERIDA BIKING TEAMが始動。国内トップクラスの斉藤 亮選手をエースに、2012年ジャパンシリーズでは自己ベスト6位になる井本 京吾選手の活躍によってMTB界を盛り上げている。斉藤 亮選手は、2012年9月現在の個人総合と、チームでのナショナルポイントランキングで1位となっている。

さらにMERIDAは、2013年1月1日をもってUCIワールドツアーに参戦することを発表。これまで輝かしい戦歴を収め、日本でも高い人気を誇るUCIプロチーム「ランプレ(Lampre)」と、今後3シーズンの間、MERIDAの超軽量ハイエンド機材をチームに供給し、「チーム・ランプレ・メリダ(Team Lampre-MERIDA)」としてUCIワールドツアーで戦っていくことに合意し、既に正式契約を締結。剛性・軽量・振動吸収性を高い基準を満たした最新鋭の機材“SCULTURA SL”スクルトゥーラ エスエルで参戦を発表。

Team Lampre-MERIDAは、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャ、ツール・ド・フランスといった世界ビッグレースに参戦するのみならず、優秀な成績を上げることができると期待されている。加えて、世界のエリートライダーの要求に応えることの出来るタイムトライアル用バイクを新開発しており、2013年初頭には発表予定。更にチーム用特別仕様バイクとしてパリ・ルーべに代表されるパヴェ(石畳)を走るクラッシクレース用、あるいはスプリンター向けのエアロダイナミックスモデル等も投入すると発表。

また日本限定で販売されているJAPAN MODELも販売。例えば低価格帯のクロスバイクに英式バルブのタイヤチューブが用いられているなど、初心者にも扱い易いモデルの開発も取り組んでいる。

日本にも輸入されているアメリカのスペシャライズドやドイツのセンチュリオンは現在このメリダ・インダストリーの傘下に入っており、これらのブランドのフレームもメリダの工場で製造されている。

外部リンク[編集]