メフメト・オルハン・オスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メフメト・オルハン
محمد اورخان
オスマン家
出生 1914年3月27日[1]
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イスタンブルキジルトプラクセランジュベイ宮殿
死去 1994年3月12日(満79歳没)
フランスの旗 フランスニース
配偶者 ナフィエ・イェカン
  マルガレータ・イルマ・フルニエ
子女 ファトマ・ネジュラ・スルタン
メフメト・セリム・オルハン
父親 メフメト・アブデュルカディル
母親 ハディジュ・マジデ
テンプレートを表示

メフメト・オルハン・オスマンオスマン語: محمد اورخان‎、Mehmed Orhan (Osmanoğlu)は、オスマン帝国の帝家であったオスマン家の第42代家長で、帝位(パーディシャーおよびカリフ)請求者(請求期間:1983年 - 1994年)。 名目上の皇帝としてはオルハン2世を名乗った。

生涯[編集]

1914年にオスマン帝国陸軍長官でアブデュルハミト2世の子、メフメト・アブデュルカディル皇子の子としてイスタンブル小アジア側の宮殿で生まれた。

1924年にトルコ共和国政府のオスマン家成員の国外退去命令に従い亡命した。1983年に第41代オスマン家家長のアリー・ヴァースブの死去を受けて第42代家長となる。1994年にフランスニースで死去し、同地に埋葬された。

系図[編集]

アブデュルハミト2世 - アブデュルカディル - メフメト・オルハン

注釈[編集]

  1. ^ 別の史料では1909年生まれと言われる
先代:
アリー・ヴァースブ
オスマン家第42代家長
1983年 - 1994年
次代:
エルトゥールル