メバロン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メバロン酸
(R)-メバロン酸
IUPAC名 3,5-ジヒドロキシ-3-メチルペンタン酸
別名 火落酸
分子式 C6O4H12
分子量 148.2
CAS登録番号 [150-97-0]

メバロン酸(メバロンさん、mevalonic acid、MVA)は、化学式 C6O4H12、分子量148.2のヒドロキシ酸IUPAC命名法では3,5-ジヒドロキシ-3-メチルペンタン酸 (3,5-dihydroxy-3-methylpentanoic acid) となる。

日本と欧州で別々に発見され、それぞれ火落酸(ひおちさん)、ジバロン酸と名づけられたが、現在のように統一された。テルペノイド合成の重要な中間体であり、メバロン酸経路を構成している物質の一つ。

生合成[編集]

ヒドロキシメチルグルタリルCoA (HMG-CoA)の還元によって生合成され、メバロネートキナーゼによってリン酸化され5-ホスホメバロン酸に、さらにホスホメバロネートキナーゼによって二リン酸化され、5-ピロホスホメバロン酸になる。

関連項目[編集]