メノナイト・ブレザレン教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メノナイト・ブレザレン教会、(メノナイト・ブレザレンきょうかい、Mennonite Brethren Church)とは、ロシア・メノナイトの中から1860年に形成された会衆2003年時点で、20ヶ国に約300,000人の信仰者がいる。メノナイトの最大教派。

歴史[編集]

起源は敬虔主義にある。彼らはロシアに共同体の落ち着き場所を見い出した。指導者のリバイバリストは悔い改めと個人的な救い主としてイエス・キリストを受け入れることを強調した。

1859年に邪悪な者と回心して浸礼によるバプテスマを受けていない者の聖餐資格について議論があった。1860年モラヴィア兄弟団の影響を受け、メノナイト・ブレザレン教会が設立された。彼らはメノナイトが冷たく形式的になったと感じ、主の弟子となること、祈り、聖書の学びを求めていた。交わりを守るため戒規がおかれた。

ロシア革命により、アメリカ合衆国カナダパラグアイに脱出して行った。1930年共産主義者の迫害により、ソビエト連邦の共同体は壊滅させられた。

日本には日本メノナイト・ブレザレン教団がある。

参考文献[編集]

  • Toews, John A. (1975). A History of the Mennonite Brethren Church: Pilgrims and Pioneers. Fresno, California: Board of Christian Literature, General Conference of Mennonite Brethren Churches. 
  • Smith, C. Henry (1981). Smith's Story of the Mennonites. Newton, Kansas: Faith and Life Press. pp. 277–282. ISBN 0-87303-069-9. 
  • 『宣教ハンドブック』共立基督教研究所

外部リンク[編集]