メドラロイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屋外博物館

メドラロイト(Mödlareuth)は、ドイツバイエルン州にある村である。

第二次世界大戦後の冷戦期、米ソのドイツ分割占領によって南部は西ドイツテューリンゲン州寄りの北部は東ドイツとなり、両地区を隔てる壁が建設された。このため、ベルリンの壁によって分断されたベルリンになぞらえ、アメリカ人などからは「リトル・ベルリン」と呼ばれた[1]

歴史[編集]

ナポレオン戦争中の1810年、メドラロイトの村内を流れる小川・タンバッハ川は、バイエルン王国弟系ロイス侯国(1920年以降はテューリンゲンに含まれる)の国境となった。その後140年間、この境界線は村の住民にはさしたる違いをもたらさなかった。学校が一つ、食堂が一つあるきりの、小さな集落に過ぎなかった。

屋外博物館

1945年、テューリンゲンはソ連軍占領地域に、バイエルンは連合軍占領地域となった。1949年に東西ドイツが建国されると、村は二つの国家によって分断された(分断の影響を排除出来るほど村は広くなかった)。村の二つの地区を往来するには許可証が必要となった。

1952年、東ドイツは西側との国境の管理を強化し始めた。境界線近くに住む住民は移住させられたが、その中にはメドラロイトの村民のいくらかも含まれた。1961年にベルリンの壁が建設されると、国境沿いの集落にも同様に壁が築かれるようになった。メドラロイトの壁は1966年に築かれた。村の東ドイツ側では昼夜を問わず厳しい監視が行われた。一方、西ドイツ側の壁はあたかも観光地のようになり、アメリカ人からは「リトル・ベルリン」と呼ばれるようになった。

1983年にはアメリカ合衆国副大統領ジョージ・H・W・ブッシュがこの村を訪問した。ブッシュは「私はメドラロイトの村民である(Ich bin ein Mödlareuther!)」と挨拶したが、これはジョン・F・ケネディがベルリン訪問時に行った「私はベルリン市民である(Ich bin ein Berliner)」との演説をもじったものである[1]

1990年6月17日、ベルリンの壁崩壊から7ヶ月遅れて、ドイツ再統一より4ヶ月早く、「メドラロイトの壁」はブルドーザーによって取り壊された。現在は壁の一部のみが記憶のために残されている。

今日のメドラロイト[編集]

東西の境界石

現在も村の北部はテューリンゲン州ゲーフェルに、南部はバイエルン州テーペンに属している。1994年、メトラーロイトには野外博物館が開設され、東西ドイツに関する展示を行っている。展示されている壁は、当時の壁の現物の一部が含まれている。

分断の時期、村の二つの地区には多くの違いが生じ、自由通行が可能になった今日でも影響を残している。村の両地区は郵便番号や市外局番が異なるほか、選挙区も別となっており、子供たちを別の学校に通わせている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯50度24分52秒 東経11度52分59秒 / 北緯50.41444度 東経11.88306度 / 50.41444; 11.88306