メトロレール (南アフリカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メトロレール
メトロレール
メトロレール
路線総延長 2,228 km
軌間 1,067 mm
電圧 3,000(直流
最高速度 100 km/h

メトロレール英語: Metrorail)は、南アフリカ共和国南アフリカ旅客鉄道公社(PRASA)が運営する鉄道路線の総称である。

ハウテン地域路線図
西ケープ地域路線図
ダーバン地域路線図
東ケープ地域路線図

概要[編集]

メトロレールの車両
メトロレールの車両
メトロレールの車両

南アフリカの大都市圏にある近郊列車を運行しており、4つの地域を合わせると全長2228km、 471駅に及び、世界屈指の旅客都市鉄道網を誇っている。週に170万人以上の乗客数を運ぶ。全路線が1,067mmと狭軌であり、ほとんどの路線は電化されている。

歴史[編集]

南アフリカの国営企業・トランスネットが主要都市の通勤列車サービスとして計画し、1990年代初頭にトランスネットの鉄道事業会社であるスポールネットにより開業した。1997年の鉄道事業の再編によりメトロレールはトランスネット内の独立事業となり5つの地域会社が発足したが、2006年にSARCCに事業移管された。

地域会社[編集]

ハウテン地域[編集]

ヨハネスブルクプレトリア大都市圏内、ウィットウォーターズランド地域を運行し、全部で11系統、28路線、197駅ある。ソウェトビジネスエクスプレスとツワネ-JHBビジネスエクスプレスという快速電車も運行されている。運行時間帯は深夜2時~夜22時頃までで、ラッシュ時間帯は1時間に4~10本、日中は30~90分間隔での運行となる。2010 FIFAワールドカップの試合会場となったヨハネスブルクのFNBスタジアム(サッカーシティースタジアム)にはNasrec駅、エリス・パーク・スタジアムにはEllis Park駅、プレトリアのロフタス・ヴァースフェルド・スタジアムにはLoftus Versfeldpark駅が隣接しておりメトロレールで行くことができる。同地域内を走るハウトレイン標準軌であり別組織である。

ダーバン地域[編集]

ダーバン都市圏内を運行。

東ケープ地域[編集]

イースト・ロンドンポート・エリザベス都市圏を運行。

西ケープ地域[編集]

ケープタウン大都市圏を運行する路線であり、4路線、総延長は460 km、122駅に及ぶ。比較的安全に利用できるとされ、観光局などは外国人への積極的な利用を促している。 そのうち、南部線、中央線、ケープフラッツ線が主にケープタウン市内を走り、北部線はケープタウン市外まで走る中距離路線となっている。

北部線[編集]

ケープタウン中央駅からベルビルを通り、郊外のステレンボッシュパールウェリントンサマーセット・ウェストストランドなどケープタウン大都市圏郊外の各都市とを結ぶ路線で4系統に分かれている。

南部線[編集]

ケープタウン中央駅とサイモンズタウンを結ぶ路線で、喜望峰など行くルートとなり、観光客にも利用される。

中央線[編集]

ケープタウン中央駅とベルビルを結ぶ路線。3系統に分かれており、主にケープタウン市内を走る。

ケープフラッツ線[編集]

ケープタウン中央駅からRetreatまでを結ぶ路線でケープタウン市内を走る。

治安[編集]

一部の路線、特にヨハネスブルクのメトロレールは治安が非常に悪いために、電車内で殺人や強盗事件、事故、トレインサーフィンなども起きており、問題となっている。また、車両の老朽化・損傷も激しく、路線整備・維持に十分な予算が投入されていない。そのため、利用者も白人は非常に少なく、貧しい黒人がほとんどである。これらの理由から日本の旅行ガイドブック等にもメトロレールは交通手段としてはほとんど紹介されておらず、在留邦人にも公共交通機関としては全く考慮されていない。一方、ケープタウンのメトロレールは比較的安全で、白人の利用も決して少なくなく、特に喜望峰へ向かう路線などは観光客にも利用されているとされる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]