メディパルホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社メディパルホールディングス
Medipal Holdings Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7459
略称 メディパルHD
本社所在地 104-8461
東京都中央区八重洲二丁目7番15号
設立 1923年5月6日(創業:1898年10月8日
業種 卸売業
事業内容 持株会社として「医療用医薬品等卸売事業」、「化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業」ならびに「関連事業」を行う関係会社の株式を所有する事による当該関係会社の経営活動の支配・管理・支援および当社グループにおける事業開発等
代表者 代表取締役社長 渡辺秀一
資本金 223億98百万円(2013年9月末現在)
発行済株式総数 2億4,452万4,496株
売上高 2兆8,109億59百万円
(2013年3月期)
営業利益 285億19百万円(2013年3月期)
純利益 186億55百万円(2013年3月期)
純資産 3,818億92百万円(2013年3月末現在)
総資産 1兆3,232億89百万円
(2013年3月末現在)
従業員数 連結11,129名(2013年9月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 武田薬品工業株式会社:10.13%
MPグループメディセオ従業員持株会:3.97%
アステラス製薬株式会社:3.27%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口):3.00%
第一三共株式会社:2.41%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口):2.34%
小林製薬株式会社:2.24%
(2013年9月30日現在)
外部リンク www.medipal.co.jp
特記事項:日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社は信託口として保有する分に加え、三井住友信託銀行再委託分・エーザイ株式会社退職給付信託口の分として2.59%を保有
テンプレートを表示

株式会社メディパルホールディングスは、医療用医薬品、一般用医薬品、医療機器、日用品、化粧品、トイレタリーを主力取り扱い品目とする流通グループ。東京都中央区に本社を置いている。連結売上高は2兆2,500億円を越え、日本国内最大規模である。

沿革[編集]

  • 1898年10月8日 - 創業。
  • 1923年5月6日 - 三星堂を設立。
  • 1947年7月 - 東京医薬品を設立。
  • 1949年1月 - クラヤ薬品を設立。
  • 1995年9月 - 三星堂が東京証券取引所第二部に上場
  • 1997年9月 - 東京証券取引所第一部に昇格。
  • 2000年4月 - 上記三社が合併。(旧)クラヤ三星堂を発足。
  • 2004年4月 - メディセオグループを発足、同時にクラヤ三星堂分割準備株式会社を設立。
  • 2004年10月 - 医薬品等卸売事業の営業を分割。これにより、(旧)クラヤ三星堂が事業持株会社のメディセオホールディングスとなり、分割された事業を引き継いだクラヤ三星堂分割準備が(新)クラヤ三星堂となる。
  • 2005年4月 - チヤク(千葉市)を株式交換により完全子会社化。
  • 2005年7月 - 四国薬業(高松市)と資本・業務提携。四国薬業の第三者割当増資を引き受け、同社株式を10%取得。
  • 2005年7月 - 医療機器販売子会社の中川誠光堂を、メディセオメディカルに商号変更。
  • 2005年9月 - 三菱商事と、医療ビジネスにおける包括的業務提携を締結。
  • 2005年10月 - 大阪市のパルタックを、株式交換により完全子会社化し経営統合。メディセオ・パルタックホールディングスに変更。
  • 2005年12月 - 連結子会社であったオリエンタル薬品工業(天童市)の株式67%を、ジェネリック医薬品大手の日医工(富山市)に譲渡。その後2008年11月に、日医工とオリエンタル薬品工業の株式交換により残りの株式31.2%も譲渡(オリエンタル薬品工業は2009年6月に日医工の子会社2社と合併により、日医工ファーマとなり、2012年6月に日医工本体に吸収合併)。
  • 2006年4月1日 - アトルの一般用医薬品卸子会社アルコスを、吸収分割により直接完全子会社化し、同時にパルタックに吸収合併させる。
  • 2006年7月13日 - 三菱商事との包括的業務提携の一環として、三菱商事の子会社「日本ホスピタルサービス」の株式34%を取得。SPD(Supply Processing & Distribution)事業を強化。
  • 2007年1月1日 - 北海道を中心に動物用医薬品卸売事業を営む丸善薬品(現・MPアグロ)を、株式交換により完全子会社化。
  • 2007年10月1日 - (新)クラヤ三星堂の医薬分業コンサルタント事業子会社「本郷薬品」を吸収分割によって直接完全子会社化し、同時に吸収合併。
  • 2008年1月1日 - 小林製薬の卸売子会社コバショウを株式交換により完全子会社化。同年4月にパルタックと合併させ、パルタックKS(現・Paltac)とする。
  • 2008年10月10日 - アルフレッサ ホールディングスと2009年4月1日に合併する基本合意書を締結。[1][2]
  • 2008年12月9日 - 東七(長崎県佐世保市)と業務提携。
  • 2009年1月9日 - アルフレッサとの合併契約を白紙撤回[3]
  • 2009年10月1日 - 医療用医薬品等卸売事業を会社分割によって(新)クラヤ三星堂に承継すると共に、(新)クラヤ三星堂はグループ会社の千秋薬品・潮田クラヤ三星堂・やまひろクラヤ三星堂・平成薬品・井筒クラヤ三星堂の5社を吸収合併。メディセオ・パルタックホールディングスは純粋持株会社のメディパルホールディングスとなり、事業譲受と合併を行った(新)クラヤ三星堂は卸売事業会社のメディセオとなった。また、メディセオメディカルもMMコーポレーションに商号変更された。
  • 2009年11月30日 - 連結対象の完全子会社だったクラヤ化成(長野県千曲市)の全株式を三谷産業石川県金沢市)へ譲渡。
  • 2010年1月29日 - 当社株式を保有するクオール及びイオングループハピコムの一員であるグローウェルホールディングスと業務提携[4]
  • 2010年2月17日 - グローウェルHDと同じくハピコムに属するメディカル一光と資本・業務提携[5]
  • 2010年5月6日 - 当社・クオール・グローウェルHDの3社の共同出資により、超高齢社会に対応した新業態薬局の企画・運営や薬剤師教育等を行うジーエムキュー株式会社を設立。
  • 2012年2月16日 - メディカル一光との業務提携に付随する資本提携を解消。業務提携そのものは維持される[6]
  • 2013年6月1日 - 医療材料データベースの構築・提供を行うメディエを簡易株式交換により完全子会社化[7]
  • 2013年11月18日 - 医薬品の臨床試験やPMS(製造販売後調査)などのデータ収集支援事業を行うメディスケットを完全子会社化し、PMS事業の展開を開始[8]

グループ会社一覧[編集]

卸売事業会社[編集]

関連事業会社[編集]

主な取引メーカー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【メディセオ・パルタックHD/アルフレッサHD】来年4月に合併(薬事日報)
  2. ^ 合併に関する基本合意書締結のお知らせ(メディセオ・パルタックHD)
  3. ^ “医薬品卸大手2社の合併白紙に=公取委審査で延期のリスク”. 時事通信. (2009年1月9日). http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009010900410 2009年1月9日閲覧。 
  4. ^ クオール株式会社、グローウェルホールディングス株式会社および株式会社メディパルホールディングスの3社による業務提携に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディパルホールディングス ニュースリリース 2010年1月29日(2010年2月14日閲覧)
  5. ^ 資本・業務提携に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディパルホールディングス ニュースリリース 2010年2月17日(2010年3月28日閲覧)
  6. ^ 業務提携に付随する資本提携の解消に関するお知らせ (PDF) - メディパルホールディングス ニュースリリース 2012年2月16日(2012年3月16日閲覧)
  7. ^ 簡易株式交換によるメディエ株式会社の完全子会社化に関するお知らせ (PDF) - メディパルホールディングス ニュースリリース 2013年4月30日(2014年1月4日閲覧)
  8. ^ PMS事業の新たな取組みとメディスケット株式会社の完全子会社化に関するお知らせ (PDF) - メディパルホールディングス ニュースリリース 2013年12月13日(2014年1月4日閲覧)

外部リンク[編集]