メディアのハルパゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハルパゴスἍρπαγοςラテン文字転写:Harpagos、紀元前6世紀)はメディア王国およびアケメネス朝ペルシア王国の将軍である。彼はメディアに反旗を翻したキュロス2世に協力し、メディアを滅ぼした。

メディア王への復讐[編集]

メディアのアステュアゲスに仕えていたハルパゴスは、不吉なを見た王によって赤子だったキュロスを殺すよう命ぜられた。ハルパゴスは、王が心変わりし赤子を殺害した自分を処罰するのではないかと恐れ、代わりにアステュアゲスの家来のミトリダテスという牛飼いに手を下させようとして、赤子を預けた。ところが、赤子を哀れんだミトリダテスは死産した我が子を身代わりにし、密かにキュロスを育てた[1]

しかし、やがてこのことはアステュアゲス王の知るところとなり、王に呼ばれたハルパゴスは真実を話した。このとき王は怒りを表には出さず、その代わりにハルパゴスに、彼の13歳になる一人息子を王宮に寄越すよう命じた。ハルパゴスはそれに応じ、王の元へ息子を向わせたが、その子は殺されて遺体調理された。次いで王は宴会にハルパゴスを呼び、その材料を明かさぬまま料理を食べさせた。食後のハルパゴスに王は料理の味を問い、ハルパゴスは「美味でした」と答えた。そこで王は遺体の残りをハルパゴスに見せ「お前が今食べた肉は何の肉か分かったか」と聞いた。この時ハルパゴスは特に驚いた様子も見せず「何の肉かは分かりました。私は王のなさることにはどんなことでも満足です」と答え、遺体の残りを持ち帰った[2]。やがて王はこのことを忘れたが、ハルパゴスの胸中には王への確かな憎悪が生まれた。

ハルパゴスはその後もアステュアゲスに忠実に仕えたが、その裏で成人してメディアに従属するアンシャンの王になっていたキュロスに近づいたり、メディアの重臣たちにキュロスを擁立するよう根回しをするなどの工作を行い、準備が整うとキュロスにアステュアゲスに反乱を起こすよう勧めた。そして、キュロスは紀元前552年にメディアに反乱を起こした。この時、アステュアゲスはハルパゴスをキュロス討伐軍の総司令官に任命したが、キュロス率いるペルシア軍と交戦するや否や、ハルパゴスはメディアを裏切ってキュロスを勝たせ、最終的にキュロスはメディアを滅ぼした(紀元前550年)。敗れて捕えられたアステュアゲスの元にやって来たハルパゴスは、アステュアゲスを散々罵り、宴会でのことに触れ、王から奴隷になり下がるのはどんな気分かと尋ねた。アステュアゲスはその問いかけには答えずにハルパゴスの行いを非難した[3]

ペルシアの将軍として[編集]

それからペルシアの将軍としてキュロスに仕えたハルパゴスは、キュロスのリュディア遠征に参加した。リュディア軍との会戦においてハルパゴスは「ラクダ騎兵の兵士を乗せる」という奇策を提案し[4]勝利の立役者となった。続いてキュロスはリュディアの都サルディスを落とし、リュディアの王クロイソスを虜とした[5]。リュディア滅亡後、ハルパゴスはポカイアテオスミレトスといったイオニアギリシア人ポリスカリアカウノスリュキアといった小アジアの諸地域を次々と征服してペルシアの勢力拡大に貢献した[6]。ハルパゴスがいつ死んだのかは不明である。

関連作品[編集]

  • ヒストリエ』 - 岩明均の漫画作品。第8話(単行本第1巻に収録)において主人公が語る逸話として描かれている。ハルパゴスがメディアに反旗を翻す場面を用いたコラージュ画像で有名[7]

脚注[編集]

  1. ^ ヘロドトス, I. 108-113
  2. ^ ibid, I. 118-119
  3. ^ ibid, I. 123, 127-129
  4. ^ はラクダを恐れる」という性質を利用した作戦である。
  5. ^ ibid, I. 80
  6. ^ ibid, I. 162-164, 168, 169, 171, 174, 175
  7. ^ 第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞は「ヒストリエ」、有名な「ば~~~っかじゃねえの!?」の原画も展示”. GIGAZINE (2011年2月4日). 2014年3月2日閲覧。

参考文献[編集]