メッセージ・イン・ア・ボトル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メッセージ・イン・ア・ボトル
Message in a Bottle
監督 ルイス・マンドーキ
脚本 ジェラルド・ディペゴ
原作 ニコラス・スパークス
製作 デニーズ・ディ・ノヴィ
ジム・ウィルソン
ケビン・コスナー
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 キャレブ・デシャネル
編集 スティーヴン・ワイズバーグ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年2月12日
日本の旗 1999年6月12日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $118,880,016[1]
テンプレートを表示

メッセージ・イン・ア・ボトル』(Message in a Bottle)は1999年のアメリカ合衆国恋愛映画

監督はルイス・マンドーキニコラス・スパークスの同名の小説が原作。

ストーリー[編集]

テリーサはシカゴの新聞社に勤めている。離婚して息子と二人暮らし。ある日のこと、休暇で訪れたマサチューセッツのケープコッドの海岸で、砂の中に埋もれた瓶を見つけたが、そこには謎めいた手紙が入っている。読んでみると、キャサリンという女性へあてたもので、文面からその女性は既に亡くなっていることもわかる。それは、すでに亡くなった女性へ宛てた愛の手紙なのだった。テリーサの上司チャーリーはコラムニストで、その手紙のことを記事にした。その反響は大きく、別の手紙を海岸で見つけたと知らせてくれる読者もいて、結局テリーサはさらに2通の手紙を手にいれることになった。それらの謎めいた手紙を書いた主のことが気になってしかたないテリーサは、ついにその男性に会ってみようと決心する。とは言っても手紙には男性の住所は書かれていない。一体どうしたものか。テリーサは手紙の文章に含まれるいくつかの手がかりをもとに、少しづつ手紙の主へとつながる糸をたどり、ノースカロライナの海辺の町にいることをつきとめ、その男性、ギャレットを訪ねる。だが、テリーサは自分が手紙を見つけて読んだことを話せない。ギャレットのほうは、まさか自分が海に流した手紙がきっかけとなってテリーサが自分の目の前にいるとは夢にも知らない。こうして出会ったふたりは次第に惹かれ合っていく。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Message in a Bottle” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]