メッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Messel.svg Lage des Landkreises Darmstadt-Dieburg in Deutschland.GIF
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ダルムシュタット行政管区
郡: ダルムシュタット=ディーブルク郡
緯度経度: 北緯49度56分
東経08度44分
標高: 海抜 172 m
面積: 14.8 km²
人口:

3,815人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 258 人/km²
郵便番号: 64409
市外局番: 06159
ナンバープレート: DA
自治体コード: 06 4 32 012
行政庁舎の住所: Kohlweg 15
64409 Messel
ウェブサイト: www.messel.de
首長: アンドレアス・ラーレム (Andreas Larem)
郡内の位置
Messel in DA.png

メッセル (Messel) はドイツ連邦共和国ヘッセン州ダルムシュタット=ディーブルク郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

隣接する市町村[編集]

メッセルは、北はドライアイヒおよびレーダーマルク(ともにオッフェンバッハ郡)およびエッパーツハウゼン、東はミュンスターおよびディーブルク、南はグロース=ツィンメルン、西はダルムシュタットと境を接する。

自治体の構成[編集]

メッセルは、メッセル地区とグルーベ・メッセル地区からなる。

歴史[編集]

メッセルは800年ロルシュ文書の寄進証書に初めて記録されている。

ディーブルクのグロシュラーク家は、1400年から1799年(この年に最後の当主が亡くなった)までメッセルの領主であった。後任の領主となったマインツ選帝侯の国務大臣アルビーニを住民達は認めず、1799年5月31日にグロシュラーク家の娘達に忠誠を誓った。アルビーニは50騎の軽騎兵で村を制圧し、領主として認めるよう強要した。いずれにせよ、アルビーニの支配は短い幕間劇に過ぎなかった。1806年にこの村はヘッセン大公領に編入されたのである。

行政[編集]

議会[編集]

メッセルの町議会は19議席からなる。

交通[編集]

メッセル駅は、グルーベ・メッセル地区にあるマイン=ライン鉄道(アシャッフェンブルク - ダルムシュタット - マインツ - ヴィースバーデン)沿いの駅である。この駅は歩道、自転車道でメッセルと結ばれている。パーク&ライドの駐車場もある。

この他、ダルムシュタット=クラニヒシュタイン(ここでダルムシュタットの市電に接続する)やレーダーマルクトへのバスの便がある。

見所[編集]

メッセル博物館

メッセルは、1995年にユネスコ世界遺産に登録された、多くの化石が発掘されるメッセル採掘場で知られている。ダルムシュタットやフランクフルトの他、メッセル化石・郷土博物館にもここから発掘された化石が展示されている。

関連項目[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]