メチルアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メチルアミン
構造式 メチルアミン
一般情報
IUPAC名
別名 メタンアミン
アミノメタン
分子式 CH5N
分子量 31.1 g/mol
形状 常温で無色気体
CAS登録番号 74-89-5
SMILES CN
性質
密度 0.7 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 1.07 (空気 = 1)
水への溶解度 108g/100 mL (20℃)
融点 −93 °C
沸点 −6 °C
pKb 3.36
粘度 0.23 cP (0℃)
出典 国際化学物質安全性カード
40% メチルアミン水溶液
形状 無色液体
密度 0.89 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 1.08(空気 = 1)
融点 −39 ℃
沸点 48 ℃
出典 国際化学物質安全性カード

メチルアミン (methylamine) は示性式が CH3NH2 と表される最も基本的な1級アミンメタンアミンアミノメタンとも呼ばれる。

通常、塩酸との塩である塩酸メチルアンモニウムの状態で市販されることが多く、メーカーによっては、ガスボンベ、水溶液、メタノール溶液として販売する場合もある。 様々な有機化合物の原料となる物質である。20 ℃ で 108 g/100 mL と、水に非常に溶けやすい。 多くのアミンと同じく N 上に孤立電子対を持つため塩基性を示し、求核剤としてハロゲン化アルキルやカルボン酸誘導体等と反応し、置換アミン、アンモニウム塩あるいは酸アミドを生成する。

日本では毒物及び劇物取締法によって劇物に指定されている。

合成法[編集]

クロロメタンアンモニアの反応によって得られる。

  • CH3Cl + NH3 → CH3NH2 + HCl

また、ホルムアルデヒド塩化アンモニウムの反応でも得られる。

  • HCHO + NH4Cl → CH3NH2 + HCl + H2O

関連項目[編集]

外部リンク[編集]