メタモルフィックフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メタモルフィックフォース
ジャンル ベルトスクロールアクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 コナミ (→コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ (→コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1 - 2人
稼働時期 1993年
テンプレートを表示

メタモルフィックフォース』(METAMORPHIC FORCE)はコナミ(後・コナミデジタルエンタテインメント)が1993年に発売したアーケードゲームベルトスクロールアクションゲームで。2人同時プレイも可能。

概要[編集]

プレイヤーが操作するキャラクターは、様々な形で出てくる女神の彫像を取ることで獣人に変身することができる。獣人の状態では人間時のライフゲージに獣人用のライフが加わる。獣人用のライフゲージがなくなると人間に戻る。人間時のライフは回復アイテムなどを取れば回復するが、獣人時のライフは絶対に回復しない。獣人時のライフがなくなると、人間に戻ってしまう。

獣人状態では移動速度が上がり、掴み技・投げ技が可能になる。獣人状態で女神像を取ると、画面全体の敵にダメージを与える必殺技を繰り出す。ザコ敵ならほぼ一撃で即死の威力である。また、獣人時の追い討ち攻撃はかなり強力である。

ストーリー[編集]

A.D.199X 遥かなる時を超え暗黒の覇王が再び地上に君臨せんが為に、恐怖の帝国が復活した。しかし、再び悪を繁栄させてはならないと、かつて暗黒の覇王と戦った女神とその守護神の4匹の獣たちも再び覇王との対決の為に目覚めた。 そして、その4匹の獣たちの意思は今、勇敢なる現代の若者へと受け継がれる。 史上最大、最凶最悪、絶体絶命の戦いの火蓋が今切られる。

プレイヤーキャラクター[編集]

BAN
漢字表記では「蛮」。武者修行中の空手家。下駄履きに空手着で戦う。野牛のような獣人に変身する。
CLAUDE
フランス貴族の末裔で剣の達人。普段は俳優をしている。金髪で長髪の美形。白狼のような獣人に変身する。
MAX
ボクシングのライトヘビー級世界チャンプ。肩当てをつけている。黒豹のような獣人に変身する。
JVAN
コマンドサンボをマスターしたプロレスラー。防寒用の帽子をかぶっている。なぜか丸太を振り回して戦う。熊のような獣人に変身する。プロレスだけでは食べていけないため、熊の姿になってサーカスでアルバイトをしているらしい。

ステージ[編集]

ステージ名はBGM名。

  • STAGE1:バキャロスの遺跡
  • STAGE2:炎の洞窟
  • BONUS STAGE1:破壊せよ!/最終ボスの超巨大な頭像を壊す。
  • STAGE3:凍る大地
  • STAGE4:邪悪なる森〜4人の戦士
  • BONUS STAGE2:急げ!/高速走行しながら、障害物として配置された敵を倒し、柱を破壊する。
  • STAGE5:復讐のコロシアム(海外版のみ)〜コロシアムの女悪魔(日本版ではSTAGE5ボス戦のみ。海外版はSTAGE1~4のボスと再び戦った後、STAGE5ボスと戦う。 )
  • STAGE6:デスシャドウ城の戦士〜合唱

音楽[編集]

作曲を担当したのはIZUMI(泉陸奥彦)とE.G.A。

なお、以下の曲は泉陸奥彦が後年GUITARFREAKS及びdrummaniaでアレンジしている。

  • 火の鳥(2面ボス及び6面中ボス)→MODEL DD6
  • コロシアムの女悪魔(5面ボス)→MODEL DD7

雑記[編集]

雑誌広告には最終ボス戦の写真が掲載されていた。アーケードでの出周りが非常に悪かったため、基板市場では希少基板として高額で取引されている[要出典]