メタファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メタファイル (metafile) は、複数のタイプのデータを含むファイルフォーマット

コンピュータグラフィックス・メタファイル (CGM) とストリーミングメディア・メタファイルが代表的。

コンピュータグラフィックス・メタファイル[編集]

CG画像を保存する形式の一つである。画像そのものではなく、描画命令を記録するのが特徴。

通常のメタファイルはOSの描画APIへの命令を画面(に相当するメモリ内のデバイスコンテキスト)ではなくファイルに出力して記録する。画像を再現するにはそのファイルに指定された描画命令を実行すれば同じ画像が得られる。ただし、グラフィックエンジンにOS間の互換性がないため、メタファイルにも互換性がない。例えば、MacintoshのメタファイルであるPICT(の一部)とOS/2のメタファイルには互換性がないし、WindowsX Window Systemにも互換性がない。

プリンタレベルで描画を制御する言語をプリンタ制御言語ないし ページ記述言語 (PDL) と呼ぶが、PDL の一種である Postscript は特に広く用いられたためあたかもメタファイルのような扱いを受け、文書をコンピュータ上でやりとりするためのデータ形式としても用いられた。3DMFはMacintoshのQuickDraw 3Dにおけるメタファイルであるが、3Dモデルのデータ形式としても広く用いられた。

ストリーミングメディア・メタファイル[編集]

ストリーミングで使う、メディアファイル音声ファイル動画ファイル)のURLを記述したファイル。URLは複数記述することができ、順に再生されたり、条件選択されたりする。

ストリーミングの配信者は、メディアファイルの代わりにメタファイルを公開し、メディアファイルへの直接アクセスはプロトコルなどで制限する。