メス攻囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メス攻囲戦
戦争普仏戦争
年月日1870年9月3日 - 10月23日
場所フランス北東部モゼル県メス
結果プロイセン王国の圧勝
交戦勢力
Flag of Ducal Prussia.svgプロイセン王国 Flag of France.svgフランス帝国
指揮官
フリードリヒ・カール王子 フランソワ・アシル・バゼーヌ元帥
戦力
13万4000名 19万名
損害
- 捕虜18万6000名
普仏戦争

メス攻囲戦(メスこういせん、フランス語:Siège de Metz, ドイツ語:Belagerung von Metz)は、普仏戦争における戦いの一つで、セダンの戦いを引き起こして戦争の趨勢を決定付けた。

概要[編集]

グラヴェレットの戦いの後、バゼーヌ元帥率いるフランス第三軍団はさらなる攻撃を見越して要塞があるメスへ退いた。兵力の不足が懸念されたため、マクマオン公爵のアルザス軍が救援として送られるが、9月1日にプロイセン軍主力部隊によって全軍が捕虜となってしまった。フランス軍は救援を得ることができず、しかも戦意をほとんど喪失してしまう。そのため、しばらくは持ちこたえたもののほとんど戦うことなく10月23日には降伏勧告を受け入れた。メス攻囲戦とセダンの戦いでの損害を合わせると30万となり、戦争の勝利はほとんど不可能となった。