メジャーリーグ・ラクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メジャーリーグ・ラクロス(英語:Major League Lacrosse、略称:MLL)は、北アメリカのセミプロフェッショナル・ラクロス・リーグである。現在、アメリカ合衆国の8チーム、1カンファレンス制で運営されている。

歴史[編集]

1999年にジェイク・スタインフェルド、デイブ・モロー、ティム・ロバートソンによって設立。2001年6月よりレギュラー・シーズンが開始された。

MLLのレギュラー・シーズンは5月から8月の間、開催される。MLLルールには、一部伝統的なラクロスと違ったルールが採用されている。

2001年1月に、初めてのドラフト会議が開催された。当初より6チームで運営されたが、2005年3月に、2006年シーズンよりロサンゼルスへ拡張しホーム・デポ・センターを本拠とすると発表した。さらに、デンバーへの拡張も発表し、その後シカゴサンフランシスコとチームの追加が続き、2006年シーズンではウェスタン・カンファレンスも創設され、計10チームとなった。

2008年シーズンの後、4チームが財政的な問題で運営を停止し、再び1カンファレンスでの運営となった。カナダのトロントロチェスターのチーム参入権を買収する形で追加となり(スタッフと選手はトロントに移動したが、チーム名は将来の再参入のためロチェスターに残した)、2009年より6チーム1カンファレンス制に戻った。

2012年シーズンには2チームが追加予定、2013年シーズンにさらに2チームが参加予定との発表がなされた。長期的には2019年までに16チームへ拡張するのが狙いである。2011年1月に、2012年シーズンより参加するのはノースカロライナ州シャーロットとオハイオ州コロンバスであるとの発表がなされた。2014年よりカナダのハミルトンが休止、フロリダ州ボカラトンが参加予定。

参加チーム[編集]

過去参加したチーム[編集]

歴代優勝クラブ[編集]

優勝チームにはスタインフェルド・カップが贈られる。

外部リンク[編集]