メクロン級スループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクロン級スループ
博物館で保存される「メクロン」。
艦級概観
艦種 スループ
艦名
前級
次級
性能諸元
排水量 常備:1,400トン
満載:-トン
全長 85.0m
-m(水線長)
全幅 10.5m
吃水 3.7m
機関 形式不明石炭専焼水管缶-基
+タービンレシプロ複合機関[1]2基2軸推進
最大
出力
2,500hp
最大
速力
17.0ノット
航続
距離
17ノット/5,700海里
乗員 52名
兵装 12cm(45口径)単装砲4基
2cm連装機銃1基
45.7cm連装魚雷発射管2基
機雷20発
航空兵装 水上機1機搭載可能

メクロン級スループHTMS Maeklong Class Sloop) は、タイ王国海軍スループの艦級である。

概要[編集]

本級は、タイ王国が自国の沿岸警備のために日本の浦賀造船所に発注したスループである。

艦形・武装[編集]

艦首から撮られた「メクロン」

船体形状は、艦首乾舷を高めた船首楼型とした。前甲板に主砲として日本製の防盾付き12cm(45口径)単装砲を背負い式に2基配置。2番主砲の基部から甲板一段分上がって、日本海軍睦月型駆逐艦に似た形状の頂上部に測距儀を載せた塔型艦橋が立ち、その背後には簡素な三脚式の前檣が1基立つ。船体中央部に細身の1本煙突が立ち、煙突の側面部は艦載艇搭載スペースとし、煙突後方両舷には旋回式連装水上魚雷発射管を各1基配置していた。後甲板上には簡素な三脚式の後檣が立ち、後部12cm主砲が後向きに背負い式で2基配置された。他に水上機1機の搭載が可能であった。

1番艦メクロンは、第二次世界大戦後、魚雷発射管を撤去して対空火器を増強した[1]

同型艦[編集]

日本の浦賀造船所で「メクロン(Maeklong)」として1937年竣工。1973年除籍後、展示保存。

日本の浦賀造船所で「ターチン(Tachin)」として1937年竣工。1945年6月1日にサタヒップにて連合軍の航空攻撃により大破、1945年10月24日に解体処分。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『世界の艦船』(海人社)1982年11月号 p51・p102

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)
  • 『世界の艦船』(海人社)1982年11月号 p51・p102

外部リンク[編集]