メキシコシティオリンピックにおけるサッカー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1968年メキシコシティオリンピックにおけるサッカー競技は、10月13日に開幕した。10月26日に決勝戦が行われ、金メダルを獲得したのはハンガリーであった。

初の交代ルール導入[編集]

今大会から、サッカーにおいて、怪我等の理由を伴わない交代が初めて認められるようになった。1試合2名までだった[1]日本はこの新ルールを積極的に使い、FW(ウイング)渡辺正を現在でいうスーパーサブにして銅メダルを獲得した[1]

メダリスト[編集]

ハンガリー ハンガリー ブルガリア ブルガリア 日本 日本
バーシュティ・イシュトヴァーン
ドゥナイ・アンタル
ドゥナイ・ラヨシュ
ノシュコー・エルネー
ノヴァーク・デジェー
ファテール・カーロイ
ファゼカシュ・ラースロー
ユハース・イシュトヴァーン
ケグロヴィチ・ラースロー
コチシュ・ラヨシュ
メンツェル・イヴァーン
ナジ・ラースロー
パーンチチ・ミクローシュ
シャールケジ・イシュトヴァーン
スーチ・ラヨシュ
サルカ・ゾルターン
サライ・ミクローシュ
ストヤン・ヨルダノフ
アタナス・ゲロフ
ゲオルギ・フリスタキエフ
ミルコ・ガイダルスキ
キリル・イヴコフ
イヴァイロ・ゲオルギエフ
ツヴェタン・ディミトロフ
エヴゲニ・ヤンコヴスキ
ペタル・ジェコフ
アタナス・フリストフ
アスパルフ・ドネフ
キリル・フリストフ
ゲオルギ・イヴァノフ
トドル・ニコロフ
ヤンコ・ディミトロフ
イヴァン・ザフィロフ
ミハイル・ギョニン
ゲオルギ・ヴァシレフ
横山謙三
片山洋
宮本征勝
山口芳忠
鎌田光夫
鈴木良三
富沢清司
森孝慈
小城得達
湯口栄蔵
八重樫茂生
宮本輝紀
渡辺正
桑原楽之
釜本邦茂
松本育夫
杉山隆一
浜崎昌弘

参加チーム[編集]

第1ラウンド[編集]

グループA[編集]

チーム
フランス フランス 3 2 0 1 8 4 +4 4
メキシコ メキシコ 3 2 0 1 6 4 +2 4
コロンビア コロンビア 3 1 0 2 4 5 −1 2
ギニア ギニア 3 1 0 2 4 9 −5 2

1968年10月13日
12:00

メキシコ メキシコ 1 – 0 コロンビア コロンビア エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: ジョルト・イシュトヴァーン ハンガリーの旗
Estrada 6分にゴール 6分 Report

1968年10月13日
12:00

フランス フランス 3 – 1 ギニア ギニア エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: ミリヴォイェ・ググロヴィッチ ユーゴスラビアの旗
Hallet 61分にゴール 61分
Horlaville 64分にゴール 64分
Perrigaud 70分にゴール 70分
Report Maxim 79分にゴール 79分

1968年10月15日
12:00

ギニア ギニア 3 – 2 コロンビア コロンビア エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: ディミタル・ルメンチェフ ブルガリアの旗
Ndongo 26分にゴール 26分
Bouya 58分にゴール 58分 84分にゴール 84分
Report Santa 49分にゴール 49分
Mosquera 66分にゴール 66分

1968年10月15日
12:00

フランス フランス 4 – 1 メキシコ メキシコ エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Erwin Hieger ペルーの旗
Kanyan Case 20分にゴール 20分 69分にゴール 69分
Teamboueon 30分にゴール 30分
Medina 36分にゴール 36分 (o.g.)
Report Victorino 26分にゴール 26分

1968年10月17日
12:00

メキシコ メキシコ 4 – 0 ギニア ギニア エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Suvaree Wanchai タイの旗
Pereda 70分にゴール 70分 85分にゴール 85分
Pulido Rodríguez 86分にゴール 86分 88分にゴール 88分
Report

1968年10月17日
12:00

コロンビア コロンビア 2 – 1 フランス フランス エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: カロル・ガルバ チェコスロバキアの旗
Tamayo Hoyos 14分にゴール 14分
Jaramillo 35分にゴール 35分
Report Teamboueon 59分にゴール 59分

グループB[編集]

チーム
スペイン スペイン 3 2 1 0 4 0 +4 5
日本 日本 3 1 2 0 4 2 +2 4
ブラジル ブラジル 3 0 2 1 4 5 −1 2
ナイジェリア ナイジェリア 3 0 1 2 4 9 −5 1

1968年10月14日
12:00

スペイン スペイン 1 – 0 ブラジル ブラジル エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Abraham Klein イスラエルの旗
Fernández 77分にゴール 77分 Report

1968年10月14日
12:00

日本 日本 3 – 1 ナイジェリア ナイジェリア エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: Ramon Sagastume Marmol エルサルバドルの旗
釜本 24分にゴール 24分 72分にゴール 72分 89分にゴール 89分 Report Okoye 33分にゴール 33分

1968年10月16日
12:00

スペイン スペイン 3 – 0 ナイジェリア ナイジェリア エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Augusto Robles ギニアの旗
Ortuño 27分にゴール 27分
Grande 52分にゴール 52分 69分にゴール 69分
Report

1968年10月16日
12:00

ブラジル ブラジル 1 – 1 日本 日本 エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: George Lamptey ガーナの旗
Ferreti 9分にゴール 9分 Report 渡辺 83分にゴール 83分

1968年10月18日
12:00

ブラジル ブラジル 3 – 3 ナイジェリア ナイジェリア エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: Seyoum Tarekegn エチオピアの旗
Ferreti 50分にゴール 50分
Olumodeji 59分にゴール 59分 (o.g.)
Tião 65分にゴール 65分
Report Olayombo 10分にゴール 10分 41分にゴール 41分
Anieke 19分にゴール 19分

1968年10月18日
12:00

スペイン スペイン 0 – 0 日本 日本 エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Erwin Hieger ペルーの旗
Report

グループC[編集]

イスラエルとの対戦を拒否したモロッコに代わってガーナが出場。

チーム
ハンガリー ハンガリー 3 2 1 0 8 2 +6 5
イスラエル イスラエル 3 2 0 1 8 6 +2 4
ガーナ ガーナ 3 0 2 1 6 8 −2 2
エルサルバドル エルサルバドル 3 0 1 2 2 8 −6 1

1968年10月13日
12:00

イスラエル イスラエル 5 – 3 ガーナ ガーナ エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Michel Kitabdjian フランスの旗
Spiegel 11分にゴール 11分 75分にゴール 75分
Feigenbaum 16分にゴール 16分 30分にゴール 30分 70分にゴール 70分
Report Jabir 18分にゴール 18分 79分にゴール 79分
Amosa 35分にゴール 35分

1968年10月13日
12:00

ハンガリー ハンガリー 4 – 0 エルサルバドル エルサルバドル エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Diego De Leo メキシコの旗
メンツェル 19分にゴール 19分
ドゥナイ.A 47分にゴール 47分
ファゼカシュ 51分にゴール 51分
シャールケジ 68分にゴール 68分
Report

1968年10月15日
12:00

ハンガリー ハンガリー 2 – 2 ガーナ ガーナ エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: 丸山義行 日本の旗
ドゥナイ.A 15分にゴール 15分
メンツェル 17分にゴール 17分
Report Sunday 12分にゴール 12分
Sampene 33分にゴール 33分

1968年10月15日
12:00

イスラエル イスラエル 3 – 1 エルサルバドル エルサルバドル エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Thompson Shakibudeen Badru ナイジェリアの旗
Talbi 20分にゴール 20分
シュピーグラー 44分にゴール 44分
Bar 85分にゴール 85分
Report Martínez 35分にゴール 35分

1968年10月17日
12:00

エルサルバドル エルサルバドル 1 – 1 ガーナ ガーナ エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Mariano Medina Iglesias スペインの旗
Rodríguez 42分にゴール 42分 Report Kofi 55分にゴール 55分

1968年10月17日
12:00

ハンガリー ハンガリー 2 – 0 イスラエル イスラエル エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Arturo Yamasaki ペルーの旗
ドゥナイ.A 40分にゴール 40分 75分にゴール 75分 Report

グループD[編集]

チーム
ブルガリア ブルガリア 3 2 1 0 11 3 +8 5
グアテマラ グアテマラ 3 2 0 1 6 3 +3 4
チェコスロバキア チェコスロバキア 3 1 1 1 10 3 +7 3
タイ タイ 3 0 0 3 1 19 −18 0

1968年10月14日
12:00

グアテマラ グアテマラ 1 – 0 チェコスロバキア チェコスロバキア エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Romualdo Arppi Filho ブラジルの旗
Stockes 28分にゴール 28分 Report

1968年10月14日
12:00

ブルガリア ブルガリア 7 – 0 タイ タイ エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Guillermo Velasquez コロンビアの旗
ギョニン 25分にゴール 25分
ジェコフ 55分にゴール 55分
フリストフ 56分にゴール 56分 61分にゴール 61分
ザフィロフ 73分にゴール 73分
ドネフ 85分にゴール 85分
イヴコフ 88分にゴール 88分
Report

1968年10月16日
12:00

ブルガリア ブルガリア 2 – 2 チェコスロバキア チェコスロバキア エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Abel Aguilar Elizalde メキシコの旗
ゲオルギエフ 44分にゴール 44分
ジェコフ 77分にゴール 77分
Report ヤラビンスキー 25分にゴール 25分
ペトラーシュ 42分にゴール 42分

1968年10月16日
12:00

グアテマラ グアテマラ 4 – 1 タイ タイ エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Jean-Louis Faber ギニアの旗
N. Melgar 23分にゴール 23分 85分にゴール 85分
Roldán 55分にゴール 55分
Lopez Oliva 67分にゴール 67分
Report Udomsilp Sornbutnark 44分にゴール 44分

1968年10月18日
12:00

ブルガリア ブルガリア 2 – 1 グアテマラ グアテマラ エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Raul Osorio メキシコの旗
ドネフ 50分にゴール 50分
ジェコフ 84分にゴール 84分
Report Lopez Oliva 88分にゴール 88分

1968年10月18日
12:00

チェコスロバキア チェコスロバキア 8 – 0 タイ タイ エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Felipe Buergo Elcuaz メキシコの旗
ヘルブスト 12分にゴール 12分
ペトラーシュ 17分にゴール 17分 18分にゴール 18分 67分にゴール 67分
ストラティル 28分にゴール 28分 34分にゴール 34分
ヴェツェレク 38分にゴール 38分
クルナツ 83分にゴール 83分
Report

トーナメント表[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
10月20日 - グアダラハラ        
 ハンガリー ハンガリー 1
10月22日 - メキシコシティ
 グアテマラ グアテマラ 0  
 ハンガリー ハンガリー 5
10月20日 - メキシコシティ
   日本 日本 0  
 日本 日本 3
10月26日 - メキシコシティ
 フランス フランス 1  
 ハンガリー ハンガリー 4
10月20日 - レオン
   ブルガリア ブルガリア 1
 ブルガリア ブルガリア 1
10月22日 - グアダラハラ
 イスラエル イスラエル 1  
 ブルガリア ブルガリア 3 3位決定戦
10月20日 - プエブラ
   メキシコ メキシコ 2  
 メキシコ メキシコ 2  日本 日本 2
 スペイン スペイン 0    メキシコ メキシコ 0
10月24日 - メキシコシティ

準々決勝[編集]


1968年10月20日
12:00

メキシコ メキシコ 2 – 0 スペイン スペイン エスタディオ・クアウテモク, プエブラ
主審: ミリヴォイェ・ググルヴィッチ ユーゴスラビアの旗
Morales 34分にゴール 34分
Pereda 48分にゴール 48分
Report

1968年10月20日
12:00

ハンガリー ハンガリー 1 – 0 グアテマラ グアテマラ エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Arturo Yamasaki ペルーの旗
スーチ 69分にゴール 69分 Report

1968年10月20日
12:00

日本 日本 3 – 1 フランス フランス エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Seyoum Tarekegn エチオピアの旗
釜本 27分にゴール 27分 59分にゴール 59分
渡辺 70分にゴール 70分
Report Teamboueon 32分にゴール 32分

1968年10月20日
12:00

ブルガリア ブルガリア 1 – 1 イスラエル イスラエル エスタディオ・ノウ・カンプ, レオン
主審: Michel Kitabdjian フランスの旗
フリスタキエフ 5分にゴール 5分 Report Feigenbaum 89分にゴール 89分

抽選によりブルガリアの準決勝進出が決定


準決勝[編集]


1968年10月22日
12:00

メキシコ メキシコ 2 – 3 ブルガリア ブルガリア エスタディオ・ハリスコ, グアダラハラ
主審: Seyoum Tarekegn エチオピアの旗
Morales 39分にゴール 39分
Pulido Rodríguez 48分にゴール 48分
Report ジェコフ 8分にゴール 8分
フリストフ 9分にゴール 9分
T. ディミトロフ 58分にゴール 58分

1968年10月22日
12:00

ハンガリー ハンガリー 5 – 0 日本 日本 エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
主審: Romualdo Arppi Filho ブラジルの旗
シューチ 30分にゴール 30分 60分にゴール 60分 75分にゴール 75分
ノヴァーク 53分にゴール 53分 65分にゴール 65分
Report

3位決定戦[編集]


1968年10月24日
12:00

日本 日本 2 – 0 メキシコ メキシコ エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
観客数: 105,000
主審: Abraham Klein イスラエルの旗
釜本 20分にゴール 20分 40分にゴール 40分 Report

決勝[編集]


1968年10月26日
12:00

ハンガリー ハンガリー 4 – 1 ブルガリア ブルガリア エスタディオ・アステカ, メキシコシティ
観客数: 75,000
主審: Diego De Leo メキシコの旗
メンツェル 40分にゴール 40分
ドゥナイ.A 41分にゴール 41分 49分にゴール 49分
ユハース 62分にゴール 62分
Report Y. ディミトロフ 22分にゴール 22分

関連項目[編集]

  • フェアプレー賞 - メキシコシティオリンピック・サッカー日本代表は新設された「FIFAフェアプレー賞」及び「ユネスコ国際フェアプレー賞」を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ a b サッカーの話をしようNo.95 3人目の交代をどう使うか-大住良之オフィシャルアーカイブサイト

外部リンク[編集]