メキシカーナクリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メキシカーナクリック
MexicanaClick
IATA
QA
ICAO
CBE
コールサイン
CLICK
設立 2005年
ハブ空港 メキシコシティ国際空港
マイレージサービス Mexicana GO
航空連合  
保有機材数 32機(18機発注中)
就航地 29都市
親会社 ポサダス・グループ
本拠地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
代表者 Isaac Volin Bolok (CEO)

メキシカーナクリック(MexicanaClick)とはメキシコ航空会社ホテルチェーンのポサダス・グループの子会社で、メキシコシティ国際空港を中心に国内線を数多く展開している。当初は格安航空会社として設立されたものであるが、メキシカーナ航空のローカル路線を受け持つという位置付けを経て現在もそれは継承されている[1]

歴史[編集]

メキシカーナクリックは1975年アエロカリベとして設立され、同年7月12日より運航を開始した。もともとはユカタン半島の投資家によって設立されたものであるが1990年8月23日にメキシカーナ航空に買い取られ、ローカル路線を担当する子会社としてフェアチャイルドFH-227ダグラスDC-9で再出発を果たした。2005年6月からはフォッカー100へと機材を切り替えた上で社名をアエロカリベからクリック・メキシカーナへと変更しメキシカーナ航空のメキシコシティ便のうちシウダー・デル・カルメン線やコスメル線など一部の路線を継承した。2005年12月にポサダス・グループへと売却された。2010年8月28日、運行を停止した[2]

就航都市[編集]

メキシカーナクリックのボーイング717-200型機

保有機材[編集]

メキシカーナクリックはフォッカー100を主な機材として使用していたが、2009年2月よりミッドウエスト航空が保有していたボーイング717-200に置き換えると発表し[3]、現在までに7機が導入されている[4]

2009年3月時点での保有機材は以下の通り[5]。平均機体年齢は15年2ヵ月である[6]

MexicanaClick Fleet
機種 機数 発注数 座席数
(エコノミー/ビジネス)
備考
ボーイング717-200 7 18 104 (84/20) ミッドウエスト航空から
フォッカー100 25 0 100

機内[編集]

機内の座席はオレンジ色灰色の革製シートとなっており、それと調和するようにオレンジ色のカーテンが備わっている。また機内前方には親会社であったメキシカーナ航空のロゴをモチーフとしているメキシカーナクリックのシンボルマークがつけられている。

外部リンク[編集]

注釈[編集]