メガランコサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メガランコサウルス
生息年代: Late Triassic
Megalancosaurus BW.jpg
復元図
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 原竜目 Protorosauria
: ドレパノサウルス科 Drepanosauridae
: Megalancosaurus
学名
Megalancosaurus
Calzavara, Muscio & Wild, 1981
  • M. preonensis Calzavara, Muscio & Wild, 1981 (タイプ種)
  • M. endennae Renesto et al., 2010[1]

メガランコサウルス (Megalancosaurus) は、三畳紀後期に生息していた、ドレパノサウルス科爬虫類である。樹上生活をしていたと考えられている。イタリア北部、ノリアン階の累層から2種が出土している[2]

特徴[編集]

全長は40センチメートルほど。四肢ペンチ状になっており、前肢はカメレオン手首に似て、2本の指が他の3本に対向する。また、後肢はコアラクスクスに似ている[3]。そのため、樹上生活をしていたと考えられている。また、の先端には脊椎骨が癒合した鉤爪のようなものが備わっており、移動する際にはこの尾の鉤爪も使用していたと言われている[4]

長く細長い、そして小さなを持っているため、おそらく昆虫を食べていたと考えられている[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Silvio Renesto, Justin A. Spielmann, Spencer G. Lucas, and Giorgio Tarditi Spagnoli (2010). “The taxonomy and paleobiology of the Late Triassic (Carnian-Norian: Adamanian-Apachean) drepanosaurs (Diapsida: Archosauromorpha: Drepanosauromorpha)”. New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin 46: 1–81. 
  2. ^ Megalancosaurus in the Paleobiology Database英語版
  3. ^ a b 川崎悟司、『絶滅した奇妙な動物②』、ブックマン社2010年、P76 - P77
  4. ^ Calzavara M., Muscio G. & Wild R. (1980). “Megalancosaurus preonensis, n. g., n. sp., a new reptile from the Norian of Friuli”. Gortania 2: 49–63. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]