メガセロプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メガセロプス
保全状況評価
絶滅(化石
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 奇蹄目 Perissodactyla
: ブロントテリウム科 Brontotheriidae
: メガセロプス属 Megacerops
学名
Megacerops
Leidy, 1870
  • M. coloradensis (模式種)
  • M. aoer
  • M. curtus
  • M. hatcheri
  • M. kuwagatarhinus
  • M. osborni
  • M. platyceras

メガセロプス(Megacerops)は、かつて北アメリカに棲息した大型の草食獣。哺乳綱奇蹄目ブロントテリウム科。学名は「大きなのある顔」の意。

特徴[編集]

肩高2.5m。頭部の鼻先に二股の角を持つ。この角は特に雄で発達する。これで彼らは儀礼的闘争を行ったとされる。

分類[編集]

2004年に発表された新たな分類によれば、ブロントテリウムブロントプスなどがメガセロプス属に含まれるとされる。

関連項目[編集]

  • ブロントテリウム - 北アメリカに生息したブロントテリウム科の大型草食獣。メガセロプス属に含まれる、あるいは近縁とされる。
  • ブロントプス - 北アメリカに生息したブロントテリウム科の大型草食獣。ブロントテリウム同様、メガセロプス属に含まれる、あるいは近縁であるとされる。