メカニック (2011年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メカニック
The Mechanic
監督 サイモン・ウェスト
脚本 ルイス・ジョン・カリーノ
リチャード・ウェンク
原案 ルイス・ジョン・カリーノ
製作 デヴィッド・ウィンクラー
ビル・チャートフ
レネ・ベッソン
製作総指揮 アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
出演者 ジェイソン・ステイサム
ベン・フォスター
音楽 マーク・アイシャム
撮影 エリック・シュミット
編集 トッド・E・ミラー
T・G・ハリントン
製作会社 ミレニアム・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 CBSフィルムズ
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年1月28日
日本の旗 2011年8月13日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $51,070,807[1]
テンプレートを表示

メカニック』(原題: The Mechanic)は、2011年アメリカ映画1972年チャールズ・ブロンソン主演のアクション映画メカニック』のリメイク作品である。

ストーリー[編集]

どんな相手でも依頼があれば必ず仕留める凄腕の殺し屋=「メカニック」のアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。彼はある日、雇い主から自分に殺しの技術を教えてくれた恩人であり、友人のハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)を殺すように依頼される。聞くと、南アフリカで行われる予定だった暗殺計画をハリーが裏切って外部に漏らし、5人の殺し屋が返り討ちにあって死んだからだという。アーサーは一旦は拒絶するものの、依頼通りにハリーを暗殺する。父が何者かに殺されたことを知ったスティーヴ・マッケンナ(ベン・フォスター)は、仇を取るために自分をメカニックにしてくれ、とアーサーに弟子入りを志願する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アーサー・ビショップ ジェイソン・ステイサム 山路和弘
スティーヴ・マッケンナ ベン・フォスター 板倉光隆
ディーン・サンダーソン トニー・ゴールドウィン 上別府仁資
ハリー・マッケンナ ドナルド・サザーランド 糸博
サラ ミニ・アンデン 行成とあ
ヘンリー ランス・ニコルズ 山内健嗣
フィンチ マーク・ナッター 遠藤大智
レイモンド ジョシュア・ブリッジウォーター 江藤博樹
キャリバン J.D.エヴァーモアー 中西としはる
バーク ジェフ・チェイス 北村謙次
ヴォーン ジョン・マッコーネル かぬか光明
ラルフ スチュアート・グリアー 真矢野靖人
ケリー クリスタ・キャンベル 冨樫かずみ
セバスチャン デビッド・レイチ 佐野康之
フィンチの妻 ララ・グライス 岡田恵

出典[編集]

  1. ^ a b The Mechanic (2011)”. Box Office Mojo. 2011年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]