メイルストロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
16世紀に作成された北欧海図カルタ・マリナ』(部分) 
モスケンの渦潮は 1艘の帆船を巻き込んだ形で描かれている(画像中央左寄りの円形)。

メイルストロムノルウェー語: malstrøm発音仮名転写:メルストロム]、英語: maelstrom発音の仮名転写例:メイルストラム])は、ノルウェーロフォーテン諸島モスケン島周辺海域に存在する極めて強い潮流、および、それが生み出す大渦潮を指す語(その日本語慣習読み)。

ノルウェー語で「mosk (意:sea splay波飛沫) + -n定冠詞)」の意からなる最寄りの島名 "Mosken" (モスケン)と同じく(あるいは、これを語源として)、現地語(および、英語等)では Moskenstraumenノルウェー語発音の仮名転写例モスケンスラウメン)など(その他は#呼称を参照のこと)とも呼ばれ、これを日本語ではモスケンの渦潮(モスケンのうずしお)と訳す(モスケンの大渦巻[モスケンのおおうずまき]などとも呼ぶ)。

現代では語義が拡大し、特に場所を特定せずに海の大規模な渦潮全般を指すこともある。

呼称[編集]

モスケン島周辺の眺望。渦潮が発生している。
  • ノルウェー語名:malstrøm発音仮名転写例[以下同様]:メルストロム)
  • デンマーク語名:malstrøm (マールストロム、メルストロム)
  • スウェーデン語名:malstrom (メルストロム)
  • 英語名:maelstrom (発音/meɪlstrəm/[仮名転写例:メイルストラム、メイルストレム])[1]
  • 日本語慣習名:メイルストロムメイルストロームメールストロムメールストロームメイルシュトロームメールシュトローム、等々
  • ノルウェー語名:Moskenstraumen (発音の仮名転写例[以下同様]:モスケンスラウメン)、Moskenesstraumen (モスケネススラウメン)、Moskstraumen (モスクスラウメン)
  • 英語名:Moskstraumen (発音____ [仮名転写例:_____])[2]
  • 日本語訳名および慣習名:モスケンの渦潮(モスケンのうずしお)、モスケンの大渦巻(モスケンのおおうずまき)、ほか

概要[編集]

伝説怪物クラーケンがこの渦巻を起こすといわれる。

ジュール・ヴェルヌエドガー・アラン・ポーといった作家により、誇張して描かれ、船や人を呑み込むとされた。ヴェルヌの小説『海底二万里』では、潜水艦ノーチラス号が渦巻の中に消えていく結末が知られる。ポーの小説『メエルシュトレエムに呑まれて』は、その描写が事実に基づくものと誤解され、一部が百科事典に流用された[3]

関連事項[編集]

  • サルトスラウメン (Saltstraumen) - ロフォーテン諸島の Bødo 市周辺に存在し、世界一強力とされる潮流であり、それが発生させる大渦潮。当地では島に架かる橋の直下でも渦潮を見ることができる。
  • モスケネス(英語:Moskenes) - ロフォーテン諸島の一地域。上述のモスケン島とともに "Moskstraumen"同根

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ maelstrom” (en). Dictionary.com. 2010年4月7日閲覧。
  2. ^ Moskstraumen” (en). Dictionary.com. 2010年4月7日閲覧。
  3. ^ 詳細はメエルシュトレエムに呑まれてを参照。

参考文献[編集]

The Course of Our Times by Abram Leon Sachar (New York, Knopf,1972)の日本語版、大谷堅志郎訳「戦争の世界史」の中で、 “第一次世界大戦の発端、オーストリア帝国の皇帝後継者夫妻がセルビアのサラエボで殺害され、オーストリアがセルビアに宣戦布告。その数日後他の列強諸国がこの『メールストローム』の中に引きずり込まれていった”との記述あり。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「メイルストロム」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ