メイドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メイドマン (made man) とは、アメリカ合衆国コーサ・ノストラマフィア)の正式な構成員を示す言葉。

ワイズガイ (wiseguy) やグッドフェラ (goodfella)、メイドガイ (made guy)、マン・オブ・アナー(「名誉ある男」、man of honor)、マフィオーソ(mafioso、複数形はマフィオーシ (mafiosi))とも呼ばれる。

概要[編集]

伝統的に、コーサ・ノストラ(以下、マフィアとする)のメイドマン(正式構成員)となるためには、純潔なイタリア系(およびシチリア系)であることが絶対条件だった。ニコラス・ピレッジの著作『ワイズガイズ/わが憧れのマフィア人生 (Wiseguys)』(後に『グッドフェローズ (Goodfellas)』として映画化)には、少なくとも1970年代まではこの条件が残存していたことが記述されている。

しかし、今日のマフィア社会では、この条件がやや緩和され、父系がイタリア系(およびシチリア系)であればメイドマンとなることができるとされる。これは、移民の世代が3世、4世となるにつれ、異人種との関連が深まり、純潔なイタリア系アメリカ人およびシチリア系アメリカ人の人口が少なくなったからであるとされる。例として、ジョン・A・ゴッティガンビーノファミリーの大ボスジョン・ゴッティの息子)は、父系がイタリア系で母系はロシアおよびユダヤ系である。プロビデンスのパトリアルカファミリーのボスだった"キャデラック"・フランク・サレンメも、父系がイタリア系で母系はアイルランド系だった。フィラデルフィアマフィアのジョン・スタンファ(シチリア出身)は多くの非イタリア系の人間を雇い入れた(ジョン・ビーゼイなど)。

また、警察や警察関連の組織に所属する者やそれを近縁に持つ者もメイドマンとなることはできない。例として、デメイオ・クルーに所属していたヘンリー・ボレーリは腕利きの殺し屋だったが、彼はメイドマンにはなれなかった。ボレーリがニューヨーク市警察にいた経験があったからである。例外的事例として、スカルフォファミリーのロン・プレビーテはかつてフィラデルフィア警察に所属していたが、メイドマンとなることができた。

メイドマンの掟の1つとして「殺人」がある。ファミリーの実行する「殺人」には必ず加担することがメイドマンの掟である。最初の掟を実行することを、マフィアの専門用語で「メイキング・ユア・ボーンズ (making your bones)」と呼ぶ。この掟は、マフィアへの潜入捜査を行ったFBI捜査官ジョー・ピストーネによるドニー・ブラスコ裁判(後に『フェイク (Donnie Brasco)』として映画化)で知られるようになった。  

オメルタの誓い[編集]

メイドマンになるためには、シチリア時代からの伝統儀式であるオメルタの誓い(沈黙の掟とも)の儀式を課される。メイドマンとなる者は人差し指に針を刺し、聖人(たいていはアッシジのフランチェスコ聖母マリア)の絵の上に自らの血を垂らす。聖人の絵に血を垂らすことによって、正式にメイドマンとなり、ファミリーに対する絶対的な忠誠を誓う。イタリア系アメリカ人のほぼすべてがローマ・カトリックを信仰しており、彼らが聖人の絵に血を垂らすことは宗教的に極めて重大な意味を持つ。オルメタの誓いが破られたとき、聖人がその者を捕らえ、その者の魂は永遠に地獄で焼かれることになる。

 

特権[編集]

殺害はもちろんのこと、メイドマンに危害を加えることは絶対に許されない大罪である。例外として、ファミリーのボスが許可した場合のみメイドマンの殺害は許されるが、それ以外の全ての場合メイドマンを殺傷した者は最も過酷な制裁を受ける。

メイドマンの殺害はしばしばファミリー間の火種となることが多く、ファミリーが殺害を実行した者の引渡しを拒否すれば、それは「戦争」の始まりとなる。『ワイズガイズ』では、ルッケーゼファミリーのメイドマンだったトーマス・"トゥー・ガン"・デジモーネが、ガンビーノファミリーのメイドマンだったウィリアム・"ビリー・バッツ"・デヴィーノを殺害したため、後に粛清された実際の事件の描写がある。  

呼称[編集]

メイドマンは、マフィアの正式構成員の正式な呼び名だったが、日常的に呼称として使用されるのは稀である。一般的には、メイドマンはお互いを「ワイズガイ」や「グッドフェラ」と呼び合うのが通常とされる。

また、仲間のメイドマンを紹介するときはたいてい「我らが友 (a friend of ours)」と呼称され、これはファミリーのビジネスに加担するメイドマンであることを示す。これに対し、「我が友 (a friend of mine)」と呼称される場合、それはメイドマンではなく、それ以下の兵隊 (soldier) を意味する。この2つの呼称には明確な区別がある。