メイスルズ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メイスルズ兄弟Albert and David Maysles)は、ドキュメンタリー映画の兄弟作家チームで、『セールスマン Salesman』、『ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター Gimme Shelter』、『グレイ・ガーデンズ Grey Gardens』で知られる。1964年ザ・ビートルズについての映画はDVD『The Beatles: The First U.S. Visit』のバックボーンとなっている。

  • アルバート・メイスルズAlbert Maysles1926年11月26日 ボストン - )は、同兄弟の兄であり、弟の死後、ひとりで映画製作を続行している。

来歴・人物[編集]

1960年ダイレクト・シネマの最初の映画とされるロバート・デュー監督の『プライマリー』に、アルバートが撮影監督として参加した。また『モンタレー・ポップ フェスティバル'67』(監督D・A・ペネベイカー1967年)、『モハメド・アリ かけがえのない日々』(監督レオン・ギャスト、主演モハメド・アリ1996年)にも撮影技師のひとりとして参加している。

ジャン=リュック・ゴダールがかつて、アルバートのことを「アメリカで最高のカメラマン」と呼んだ[1]2005年チェコオロモウツでの映画祭で生涯功労賞を受賞した。現在、自伝的ドキュメンタリーを製作中である。 同2005年、メイスルズ学院を設立、恵まれない個人作家にトレーニングと現場での見習いの機会を供給する非営利団体である。

35年間、ダコタ・ハウスに住んでいたが2005年に売却し、ハーレムにいくつか家を買い、そのひとつに妻と暮らしている[2]

フィルモグラフィ[編集]

アルバートのみ[編集]

  • Psychiatry in Russia 1955年
  • Horowitz Plays Mozart 1987年 共同監督スーザン・フロムケ、シャーロット・ツワーリン、主演ウラジミール・ホロヴィッツ
  • Jessye Norman Sings Carmen 1989年 共同監督スーザン・フロムケ、主演ジェシー・ノーマン
  • They Met in Japan 1989年 共同監督スーザン・フロムケ
  • Soldiers of Music: Rostropovich Returns to Russia 1991年 共同監督スーザン・フロムケ、ピーター・ゲルブ、ロバート・アイゼンハート、主演ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ
  • Abortion: Desperate Choices 1992年 共同監督スーザン・フロムケ、デボラ・ディクソン
  • Baroque Duet 1992年 共同監督スーザン・フロムケ、ピーター・ゲルブ、パット・ジャフィ
  • Accent on the Offbeat 1994年 共同監督スーザン・フロムケ、デボラ・ディクソン
  • Letting Go: A Hospice Journey 1996年 共同監督スーザン・フロムケ、デボラ・ディクソン
  • Concert of Wills: Making the Getty Center 1997年 共同監督スーザン・フロムケ、ロバート・アイゼンハート
  • Lalee's Kin: The Legacy of Cotton 2000年 共同監督スーザン・フロムケ、デボラ・ディクソン
  • The Gates 2007年 共同監督アントニオ・フェレーラ

関連事項[編集]

参考書籍[編集]

  • Dave Saunders著、Direct Cinema: Observational Documentary and the Politics of the Sixties、London、Wallflower Press刊 2007年 ISBN 1905674155

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ http://www.nytimes.com/2009/08/02/realestate/02habi.html?_r=1

外部リンク[編集]